人生が変わる!片付け上手になるには4つの意外なコツがあった!

小さな子どもがいると、なかなか部屋が片付かない…

 

子どもはすぐ散らかすし、収納はパンパンで入らないし、どこから手をつければいいのか…

 

そんな悩みを持ったママも多いと思います。

 

でも、たった5つのコツを理解すれば今日から片付け上手になれます!!

今後、家族みんなが綺麗なお部屋で快適に過ごせるかどうかは「今日から片付け上手になる!」というママの決断にかかってます。

決断できれば、すでに8割片付け上手に近づいてます!

では、一気にいきますよ!

 

 

 

片付け上手のメリットは?

片付け上手になると、色々な良い変化が起こります!

ただ部屋が片付くだけではないんです。人生さえ変わってしまうくらいの変化です。

そこでまずは片付け上手のメリットを知っていただいてモチベーションにつながれば!

もし、まだ片付け上手になるか迷っているとしたらメリットをぜひ知ってから検討してくださいね。

 

体調が良くなる


体や心のどこかが不調な人の7割以上が、物で溢れた片付けされていない部屋に住んでいるという調査結果があります。

体は素直です。

目から入る情報は脳に直結しているので整理されてない物に囲まれた部屋にいれば、まずは脳がその視覚情報を処理するために働きます。

脳が本来必要のない処理に追われ知らずに消耗し疲労していきますそして、それはわかりやすいカタチで身体の不調として表れるわけです。

しかし、部屋を片付け整理された状態になれば視覚情報は減り、かつ、気持ち良く過ごせることで脳が感じ取るストレスは減ります。

 

気持ちに余裕が持てる

あれやらなきゃ、これもやらなきゃ、と毎日やることに追われているとストレスですよね。

「子育てしながら余裕なんてもてるわけない!」

というのは一般論ですが、実は思い込みに近いかもしれません。ほんとに部屋が快適になると、余裕がうまれてくるんです。

もちろん、時間的というわけではなく気持ち的な部分です。
散らかった部屋では目に入る光景から、片付けしなきゃ…でも面倒だし…と知らず知らずにストレスは溜まる一方です

 

私の毎晩の楽しみは、子どもを寝かしつけた後に快適なお部屋で30分の読書タイム。お気に入りのグラスで大好きなトニックウォーターにライムを入れて!気持ちが休まる時間です。

 

悩みが減る

まさか⁉︎悩みが減るの??

そう、悩みも減りますよ。

 

始めの説明に書いたように視覚情報は良くも悪くもすごいパワーを持っています

綺麗な部屋で脳に不要な情報が入っていない人は、対人関係でスムーズにやりとりできる人が多いのも事実。

自分にとって大切なもの、そうでないもの、又は優先順位をつけるものを迅速に選択できる力は対人関係にもつながります。

一見関係がないようにみえますが、人間関係がうまくいくためには部屋を片付けてみるのがいいですよ。

 

 

 

家族に良い影響

🔶夫への影響

仕事から帰ってきて綺麗な家でゆっくりできると、心身ともに休まります。

これは予想がつくと思いますが、もっと潜在的な意識にも影響します。

 

それは
「綺麗な家&美味しい料理によって、自分が感謝されている&大事にされている!!と感じ取る」
ということです。
たぶん、男性の方が単純ですよね。いろんな意味で。

綺麗な家も美味しい料理も自分への感謝と考えるのです。

 

なので、家が汚かったり料理が手抜きばかりだと「自分はこんなに家族のために仕事を頑張っているけど感謝されていないのかな・・・・大事にされていない・・・・」なんて気持ちになってしまうのです。

 

🔶子どもへの影響

子どもが整理整頓されていない家で過ごしていると、集中力や創造性に良くない影響が・・・・物が散乱した部屋では勉強や遊びに集中できなかったり。

何か始めようと思い立った時に「あれはどこにあるかな?」と物探しの方がメインになってしまい肝心の物事を始める意欲が減ってしまうことにも繋がります。

小さな子どもの時から整理整頓を習慣化することは、自分がほしいもの、必要な物を見極めたり判断する力を育てることに繋がります。

 

無駄遣いが減る

片付けができない人に多いのが「物が多い」という特徴です。

あれもこれも必要と買ったり、買ったことを忘れてまた同じものを買ったり。

片付けすることで自分の無駄遣いも把握できます。

 

 

 

片付け上手になるコツとは?

 

ここまで片付け上のメリットについて詳しくご説明しました。
いよいよ、そのコツをご紹介します。

 

本当に欲しいものを選ぶ

一つ一つを手にとってどうしようかな・・・・と考えるやり方ではありません。

要らないものを捨てることを断捨離と言いますが、断捨離よりも「本当に欲しいものを選ぶ」ということを軸に行動します。

 

🔶ときめくかどうか

①気に入っているものを使う!

例えば、キッチン。

最近使ってない汚れが落ちない鍋やフライパン、気に入らない食器などありませんか?

思い切って気に入らない調理道具や食器は処分しましょう!
嫌な気持ちになりながら料理はしたくないですよね。しかも二度と出番がない可能性もあります。

そして、「出番が多い調理道具ほどお気に入りを使う!!購入も視野に定期的な見直し!」をおすすめします。

 

ここで、我が家で使っている「出番が多い&お気に入りの調理道具」をご紹介します。

 

◎京セラのセラミックピーラー

こちらはもう10年近く使っていますが、刃がセラミックのためサビなどもなく劣化せず丈夫です。もちろん使いやすさは抜群です。

これを購入する前は100円均一のものを何度も買い直していました。どうせ消耗品だし、いつか壊れるから安い方がいいと思い込んでいたのです。
100円均一のものはだんだん錆びてきて使いづらさを感じながらも壊れるまで使っていました・・・・早くこちらに出会いたかったです。

created by Rinker
京セラ(KYOCERA)
¥727 (2018/08/15 04:06:33時点 Amazon調べ-詳細)

 

◎ルクルーゼの鍋

コンロに置かれているだけで料理のテンションが上がります!煮物やスープでよく使っています。

created by Rinker
ル・クルーゼ(Le Creuset)
¥24,800 (2018/08/15 04:06:34時点 Amazon調べ-詳細)

 

◎iwakiの耐熱ガラス容器7点セット

毎日の料理に欠かせません。
保存容器としてだけでなく、そのまま食卓に出せるのが嬉しい!
特に平日は子どもと夫の食事時間が異なるため、この容器から自分で好きな物を取り分けて温めるスタイルにしています。

ブランドものの耐熱ガラス容器&蓋つき&7つの容器でこのお値段だったので購入しました!

※気に入っていないものを売却する場合

中古屋さんやメルカリで売るのであれば期限を設けるのがおすすめです。
「今月末までに売れなければ処分する!」と決めないと、物置き状態の場所・部屋をみるたびにため息が出てしまいます。

 

 

②お気に入りで高級なものほど普段使いを!

気に入っているけど値段が高い食器をしまいこんでいませんか?

お気に入りで値段が高い食器ほど普段使いをおすすめします!

 

特別な時、来客用と言ったら年に数回しかないかもしれません。

それより、食器は使っていればいつか割れるものだ!くらいの心意気でたくさん使って楽しい気持ちで食事ができた方がいいです。

我が家では、お気に入りの食器をたくさん使っています。

ほとんど頂き物ですが、朝昼晩とウェッジウッドの取り皿を使ったり、グラスはバカラやロイヤルコペンハーゲンも使います。

4歳の息子のおやつには、頂き物のロイヤルコペンハーゲンの誕生年のお皿を使っています。
あなたの生まれた時におばあちゃんがプレゼントしてくれたのよ、という会話も素敵な時間になります。スーパーで買ったクッキーもいつもより美味しく感じます!

 

🔶必要性

例えばキッチンの調理道具。

引き出しがパンパンになっていたり、収納の中に使わないフライパンや鍋、キッチン用品と洗剤であふれていませんか?

実は、毎日の料理で使うキッチン用品は限られています。

試しにキッチン用品で「3日間で使用したものだけ」を選び、その他は一旦見えない場所にしまってみてください。そうすると、本当に必要な物が選べるはずです!

 

ちなみに、我が家の調理道具の一部をご紹介すると、

◎フライパンは計3つ。大1つ、中1つ、卵焼き専用1つです。
◎鍋は3つ。保温鍋1つ、スチールの鍋1つ、ルクルーゼ1つ。
◎ザルは1つ、ボールも大1つです。

物によりますが、毎日又は週に数回は使用しています。実際に使用頻度が高いものは必要なものに近い可能性が高いです。逆も然りです。

 

ただ、コンロは3口程度&料理する人はほとんどママ1人であることを考えると、調理用具はたくさん必要ないのです。

 

 

🔶こだわりもオッケー

できるだけ1アイテムは1つにしたいと考えていますが、「これは2つ以上必要だ!」というこだわりも理由によってはオッケーです!

例えば、我が家のお玉は3つ!

内訳は子ども取り分け鍋用、フライパンでの煮込みや炒め物用、毎日いただくお味噌汁用です。
シリコン製のものを使用しています。フライパンでも使えて重宝してます。

同じものを3つ使用している目的は、食中毒対策で調理中の道具の使い回しをしないため&時短のためです。
料理中に何度も調理器具を洗うのはけっこう面倒ですよね。

我が家のお玉はこちらです。2つ持っています。
シリコン製なのでフライパンでも幅広く活躍!注ぎ口がありこぼさずに注げる!計量メモリがついているので便利!取手に溝があり鍋の淵にかけられる!

created by Rinker
マーナ (Marna)
¥418 (2018/08/15 04:06:35時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

定位置を決める

普段、ダイニングテーブルやソファには何か置いていますか?

ダイニングテーブルには郵便物や筆記用具、ソファには洋服やバッグなどが置かれている理由は、それらには定位置がないからです。

定位置はすごく重要です。

家族みんなが納得の定位置を決めることが1番はじめのステップです。

 

🔶頻度が高いものはアクション回数を1回にする

頻度が高いものはできれば1アクション以内に取り出せるのが良いです。

例えば、毎日使うお皿であれば取りやすい高さの棚の手前に必要数だけを準備します。そうすれば「食器棚の扉を開ける」というアクション1回でお皿を取り出すことができます。使用頻度が高い食器類は棚の中で後ろにしまったり、重ねたりしないことが重要です。

 

🔶頻度が低いものは一旦遠ざける

上とは逆です。あまり使わないけどたまに必要なものは一旦遠ざけて置いてみます。

物によりますが、数ヶ月~1年以上出番がなければ処分を検討しましょう。

 

🔶収納は半分だけ

7割収納とは良く言いますが、理想は5割収納特に子育て中は洋服やおもちゃなど注意していても物は増える一方です。

我が家も引っ越した当初は5割収納を目指して実行していましたが、一年で8割ぐらいまで増えてきました。8割までくると、あっという間に100%超です。その前にそろそろ見直しのタイミングです!

 

ゴミ収集の前日は片付けのチャンス!

ゴミ収集の前日は片付けのチャンスです。

部屋の中をゴミ袋を片手に「溜め込んでいるものがないか?本当にそれは欲しいものか?」と問いかけながらチェック!

 

片付けのタイミングは2つ!外出前&寝る前!

日中は子どもが遊んだり、合間を縫って家事をしたりと忙しいため、なかなか片付けのタイミングがないですよね。

「ご飯を食べる前に片付けよう!」と話しても

「まだ続きがあるからこのままが良い!」と子どもがいうこともよくあります。

 

なので「外出前」と「寝る前」この2つのタイミングだけは守れるようにしてみてください。
この2つのタイミングで片付けをする理由・メリットを1つずつご紹介します。

 

🔶外出前

外遊びや買い物などで外出する際は片付けのタイミングです。綺麗に片付けしてから外出しましょう!

外出前の片付けのポイントは3つです!

◎キッチンには洗い物がない状態。食器は定位置へ。
◎ダイニングテーブルには何もない状態。
◎リビング床におもちゃや物が落ちていない状態。

外遊びも買い物も、一緒に外で動き回ってママも体力を使いますよね。

「やっとおうちに帰ってきた~!一息入れたら夕ご飯の支度しよう!」

という時に部屋(この場合は特にキッチン)がきれいだと、次の行動である「夕飯の支度」にスムーズに進めます。夕飯の支度がスムーズにいくとその後の段取りも早くなります。

最終的に早く子どもを寝かしつけることができると、ママが一息つく時間を持つことも可能で気持ち的な余裕にも繋がっていきます。

※悪循環の例

部屋やキッチンがごちゃごちゃしていると・・・・

→【非効率】料理中に物の出し入れや探し物に時間がとられる(当たり前になっていると自分では気づかないかも・・・)
→【集中力低下】ダイニングテーブルの上が食事に関係ない物に占領されていて食器が置きづらい。子どもは気が散ってしまい食事がスムーズに進まない
→【疲労蓄積】積み重なった無駄な時間により、子どもの寝る時間がどんどん遅くなる・・・・片付けされていないことによる非効率な料理や家事により疲れが溜まる。
→【余裕なし】一人の時間が持てない・・・すぐに朝を迎える・・・

 

 

🔶寝る前

寝る前の片付けは必ず実行してください!
朝起きて綺麗な部屋で1日をスタートできることは、大人にも子どもにも大事なことです。

我が家では、4歳の息子と「競争」しながら片付けをしています。「片付けしなさい」という命令形は他の場面でもなるべく使いたくないと考えています。そのため、こんな声かけをしています。

 

 


「ママはキッチンの片付け頑張るぞ!明日も美味しい料理作るために綺麗にする!」

「◯◯(長男の名前)はこの部屋を綺麗してくれるとママは助かるな〜!おもちゃや折り紙、できれば◯◯(0歳次男の名前)が遊んだソファの大きなクッションを戻すのも力持ちの◯◯にお願いしちゃおうかな!」

4歳の長男
「いいよ!みんなでやったら早く終わるよね!僕はママより早くできるよ!」


「じゃあ、どちらが綺麗に早くできるか競争しよう!スタート!」

 

 

この後、ものすごいスピードで綺麗に片付けします。
なぜなら、息子も物の定位置を把握しているからです。私よりもキチッと並べることができることもあります。けっこう盛り上がりますよ!

もちろん、息子が乗り気じゃない時も。そんな時は「一緒にやろう!」作戦か、15分程度時間をおいてから声かけをしています。

 

そして私自身、1日の終わりをどう迎えるかは重要だと思っています。

 

今日楽しかったこと、嬉しかったこと、うまくできなかったことを子どもと話すこともあります。

また、夫と一緒か自分一人で振り返りながら「明日はこうしてみよう!子どもが楽しいと思うことは何だろう?」と考えたり、もちろん悩むことも。悩むことは悪いことではありません。必要なことです。そして何より、1日を振り返る時間を持つことが、明日への楽しみや精神的な余裕にもつながっていきます。

 

 

以上、「人生が変わる!片付け上手になるには4つの意外なコツがあった!」をご紹介しました。

少しでもお役に立てれば幸いです。

 

 

2 件のコメント

    • はじめまして。ドレミと申します。

      この度は当ブログをお読みいただき、コメントを送っていただきありがとうございます。

      まだブログを立ち上げて間もないため、コメントをいただき大変嬉しいです。

      これからも自分の経験や調べたことが誰かのお役に立てるよう頑張りたいと思います!

      ご不明点などありましたら、ご連絡いただければ幸いです。

      今後ともよろしくお願いします!

      (※英語があまりできないため、当サイトの言語と同じ日本語で返信させていただきます。大変申し訳ありません。)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ドレミ

    0歳、4歳の男の子2人を子育て中のママです。 これまで会計・監査の業界で働いてきたため(現在育休中) 子育てでの疑問や不明点も徹底的に調べることが好きで、実際に調べたことを取り入れてみて試行錯誤の日々を送っています。 この情報が同じ現役ママのお役に立てればと思いブログを立ち上げました。 自分の経験談も交えながら、子育て・お金のこと・料理などについてご紹介していきたいと考えてます。