共働きの朝は大変!子供の身支度をスムーズにする2つのステップとは?  〜自立心にもつながる方法〜

ドレミ
朝は時間に追われてバタバタすることが多い!

 

特に共働きだと、会社に到着する時間から逆算して『絶対にこの時間には家を出なくてはいけない』という状況に毎日直面しているので精神的にも体力的にも消耗する時がありますよね。

 

我が家でも長男を1歳で保育園に預けて仕事復帰した際は、朝はピリピリムードが漂うこともしばしば…

 

でも、ある方法でこの朝のバタバタをだいぶ解消することができるようになりました。

ドレミ
今では、朝から折り紙で遊んだりピアノの練習をしたりする時間まで持てるようになりました。

 

そこで今回は共働きのママさんにおすすめしたい『子供の身支度をスムーズにする2つのステップ』をご紹介します。

子供の自立心にもつながる方法なので、ぜひ取り入れて見ていただけたら嬉しいです!

では、さっそくいってみましょう!

 

この記事はこんな人におすすめです!

🔶朝のバタバタを解消したい
🔶子供の朝の身支度が遅くてどうにかしたい
🔶ママが精神的な余裕を持つ方法を知りたい

 

 

【ステップ1】早起きのため早寝!

ドレミ
早寝早起き!やっぱりこれに勝る健康法はないのかもしれません。

 

うちの子供たちはとにかく朝が早い!

5歳の長男は、毎朝自分で起きてきます。

 

ドレミ
理由は単純。夜寝るのが早いから!
毎日7時半〜8時くらいに寝ています。

ただ、早く寝るにはコツがあります。

たった3つのコツを実践することで早寝早起きは簡単にできちゃいます!

一つずつご紹介します。

 

子どもと徹底的に遊ぶ!

子供が体や頭を使って『徹底的に遊ぶ!』ことで心地よい疲れとともに早く寝る状況を作ることができます。

お子さんが保育園に通っているならほぼ毎日お散歩があったり、幼稚園なら毎日園庭で遊んだり体を動かしています。

では、帰宅後や休日はどんな遊びをしていますか?

我が家で行っているおすすめの遊びをご紹介します!

 

🔶天気が良い日
外遊びで体を動かす!

我が家でよくやっている遊びは、自転車遊びや鬼ごっこ、葉っぱを集めながらの散歩、クイズやしりとりをしながらウォーキングなど。

外遊びおもちゃや方法を解説した記事はこちら↓。参考になれば♪

💡あわせて読みたい記事 
 
 

 

🔶天気が悪い日や体調が万全ではない日
室内で体や頭を使う遊びをする!
とは言っても、室内での遊びはマンネリ化してしまいがち…。

そこで、おすすめの遊びをご紹介します。

①体を動かすもの:風船遊び、ダンス(歌を歌う)
風船を膨らませて何回ポンポンできるかを競うゲームは、けっこうハマります。
youtubeなどで音楽を流して、みんなで歌ったり踊ったりするのもオススメです。

ドレミ
子供が保育園や幼稚園で習っている歌だと、ノリノリで歌い出すはずです!

 

②頭を使う遊び:オセロ、神経衰弱、ドリル
幼稚園生ならオセロや神経衰弱のルールを理解できる可能性が高いです。初めは何度も説明をする必要があり親の根気が少し入りますが、やっていくうちにその楽しさに目覚めて一緒に遊べますよ♪

ゴルネスト&キーゼル メモリーゲーム カラフル カードゲーム 知育玩具 2歳 3歳 誕生日プレゼント 木のおもちゃ 木製 知育 男の子 女の子 子供 幼児 ギフト オモチャ 幼稚園 保育園 神経衰弱

created by Rinker
¥1,620 (2019/01/22 12:31:36時点 楽天市場調べ-詳細)

 

また、一人でもできる遊びでオススメなのが『迷路などの遊びを取り入れたドリル類』。我が家では、本屋さんで売っている公文のドリルを使っています。対象年齢は2歳からあります。

ドレミ
楽しく学べて達成感もあるのでおすすめです。
created by Rinker
¥713 (2019/01/22 12:03:08時点 Amazon調べ-詳細)
 
 
💡あわせて読みたい記事 
 
 
 
 
 
③番外編:唯一おすすめしたいテレビアニメ番組『おさるのジョージ』
我が家ではテレビはできるだけ少ない時間でメリハリを持って見せるようにしています。

 
5歳の息子が大好きなアニメ『おさるのジョージ』素敵な対人関係物を作る楽しさなどを学べる知育アニメでおすすめです。
 
 
 
ドレミ
5歳の長男は番組の影響を受けて、折り紙で飾りを作って祖母の誕生日パーティーを自ら企画したり、いろいろな物を手作りしたり、実験をしたり!
 
 
 
テレビの視聴時間以上に創造性のある遊びを長い時間しているので唯一おすすめしたいアニメ番組です。
 

amazonプライム会員なら、無料でおさるのジョージが全話視聴可能です♪

 
💡あわせて読みたい記事 
 
 
ご興味ありましたら、こちらから無料体験の登録ができます ⇨ Amazon プライム会員

※もし継続しない場合には1ヶ月以内に解約すればお金は一切かかりません。

 
 
 

食事はできるだけ18時半までにスタートする

フルタイムで18時過ぎに帰宅するママの場合は、帰ってきたらすぐに夕食は温めてテーブルに出すだけにするのがベストです。

私はフルタイムだったので帰宅は18時でした。(現在育休中)
帰宅後、着の身着のままで冷蔵庫にある料理をレンジで温めてテーブルに並べ、先にお風呂に入るようにしていました。

なぜなら、子供がご飯中にウトウトと寝てしまうことを防ぐためです。

 
ドレミ
あと、お風呂に入ることで気持ち的にも『家に帰ってきた〜!』という切り替えが親子でできるのでおすすめです。

 

では、一体いつ夕食を作っているかというと…『朝』です!

我が家では、私がフルタイムで働き出してから夕食含め家事全般は朝のうちに完了するようにしています。

ちょっとしたコツだけで誰でも簡単にできます!

 
 
💡あわせて読みたい記事 

 

 

部屋が片付けられて綺麗なこと

ドレミ
片付けられて動線にこだわったリビング、キッチンは、何をやるにも効率的!子供を早く寝かしつけるためのベースになります!

大事なポイントは2つ!

・外に出しているものを減らし掃除の手間を減らす!!

・定位置決め、5~7割収納が理想

 

さらっと書きましたが、「片付け上手」になるには気持ちの上での抜本的な改善・決意が必要です。こちらの記事で詳しくご紹介しています。

 
💡あわせて読みたい記事 

 

 

【ステップ2】子供ができることを増やす

ドレミ
『子供ができることを増やす』ことは、長い目で見て良いことづくし!自立心にもつながります。

 

だけど親にとっては大変なこともあるので、まずは親の心構えからご紹介します。

 

親の忍耐力が必要!

子供ができることを増やす、ということは親の忍耐力も必要になります。

だって、大人がやった方が3倍以上に早くできることを目の前で温かい目で見守ることが必要だからです。

ドレミ
我が家でもついつい、早くして!と急かしてしまうことがよくあります。

 

子どものペース、タイミングを間違えると朝から険悪なムードになることも…

それを回避するための忍耐力を保つコツは2つ!

 

🔶子どもは親のタイミングを理解できない、ということを頭の片隅に置いておく

『きっとわかるはず』『どうしてわかってくれないのかな?』は禁物。

ドレミ
大人の世界だってそうですよね。

またしてや子どもにとっては何でママが急いでいるのかはあまり実感できてないのが現実。

なので、急いでいる時こそ『子供に理由、どうしてほしいか、としっかり話すことが大事』です。

 

🔶たっぷり余裕があるスケジュールにする

子供のために余裕を持って行動しているはずが、予想外の出来事でバタバタしてしまうことはよくありますよね。

我が家でもよくあります。
家を出る直前にトイレに行きたがったり、洋服の着方や通園カバンの掛け方がうまくできなくて揉めたり、靴がキツくて新しい靴が欲しいと突然言い出したり…まぁ色々あります…

 

でも、時間に余裕があれば『ママの気持ちにも余裕がある』ので子供の話をしっかり聞いて対応でき朝から揉めることは少なくなりました。

ドレミ
とにかく、これでもかってくらい余裕があるスケジュールにしておくことが大事です。

 

試行錯誤の結果、我が家では家を出る30分前までに身支度を終わらせるようにして早めに家を出てしまうことも多いです。

道端に咲いているお花や葉っぱや木の実、空を見ながら雲の動きを見たり白いお月様を見つけたり、朝から五感をフルに使いながら色んなお話をして保育園(幼稚園)に向かいます。

ドレミ
昔から早起きが苦手な私が、こんな気持ちの良い朝を子供と過ごせるとは思っていませんでした。

 

次から事例を使って具体的にみていきます!

 

 

【事例】5歳児の朝の身支度

例えば、年中さんの長男の朝はこんな感じです。

 

・6時くらいに一人でむくっと起きる
・一人でトイレ
・顔を洗う
・朝ごはんの準備
・ご飯を食べる
・片付け
・歯を磨く
・着替える
・トイレに行く
・家を出て幼稚園に向かう
 
 
こんなにたくさんの工程があります。

この中から少しずつ子ども自身でできることを増やしていきます。

 

固定観念を捨ててみる!

子供の朝の身支度の工程で『固定観念』を捨ててみることは、自立心を育む子育て法にもつながるのでオススメです。

 
💡あわせて読みたい記事 
 

我が家の一例をご紹介します。

 

🔶お着替えBOXで洋服の管理
お洋服はタンスなどには入れずに、4日分の洋服類を入れたお着替えボックスを作り、自分で洋服を選んで身支度をしています。
ボックスの大きさは横50センチ、縦30センチ、高さ20センチほど。布製で畳める柔らかいものです。

小さいな頃から自分で好きな物や心地よいものを選ぶことは、自立心や決断力にも通ずるものなのでオススメです。

また、子どもがタンスや衣装ケースのたくさんの服から選ぶと、季節がズレてるものを選んでしまったり、ぐちゃぐちゃになったり。

ドレミ
忙しい朝にママのため息を増やさないためにも、お着替えボックスはいいですよ。

 

🔶朝ごはんのメニューを個人ごとで考える
子供の朝ごはんの進みが悪いなら、食べやすいものに変えてみるのも一つです。

我が家は米好きの私の影響で朝はご飯でしたが、今は子どもだけパンにしています。

ドレミ
1歳の次男も自分で食べることができ、パン好きで食べるスピードが倍早いから助かります。

 

🔶『お手伝い』という発想をやめる
数年前まで、私は子供に「お手伝いしてね!」「お手伝いしてくれてありがとう!」という言葉を普通に使っていました。

ですが、子供と対等な立場での子育てを意識するようになってから「お手伝い」という発想をやめました。

何かやって欲しい時は、大人に話すように「これ、やってほしいんだ。いいかな?」と話すのみ。やってもらったことに対しては「助かった、ありがとね!」と伝えます。

すると、自主的に動いてくれることも増えました。

ドレミ
上下関係がない中で『誰かのために役に立っている』という気持ちは、次の行動にもつながりやすいのでオススメです。

 

アドラー心理学を取り入れた子育て法はこちらで詳しくご紹介しています。参考になれば♪

💡あわせて読みたい記事 
 

 

 

主婦におすすめの『派遣での働き方』をご紹介

毎日、育児、家事、仕事…で忙しいと立ち止まって考える時間もとれないですよね。

でも、歳を重ねていくたびに頭をよぎるのはこんなこと。

ドレミ
今の働き方がベストなのか?
ドレミ
数年後、10年後に私はどんな働き方をしていたいか?何をしていたいか?

 

また、精神的な余裕を生み出すにはどうしたらいいのか

 

これらの疑問には、『派遣という働き方』が応えてくれるかもしれません。

 

理由は、『派遣という働き方は主婦にメリットが多い』から!

 

例えば扶養内でパート勤務する場合。(月の収入:85000円)

直接雇用のパート勤務なら平均週3.4回勤務が必要です。でも、派遣のパート勤務なら平均週2.3回勤務になる可能性が高いのです。

ドレミ
派遣は時給が高いお仕事が多いので、扶養内で働く場合は勤務日数を減らせて時間的な余裕が生まれます。

もちろん、フルタイムであれば保育料などを差し引いても手元に残るお金が多くなります。

 

また、大手派遣会社では派遣登録(無料)しただけで、パソコンや英会話やビジネスマナーなど多岐にわたる講座を無料で受講できます。

今の職種でスキルアップができたり、希望の職種のために勉強を開始できたり、将来子育てがひと段落した時などに向けて具体的な準備ができたり!

 

ドレミ
働き方の選択肢を多く持つことができるのも派遣のメリットの一つです。
派遣登録した後は、個人の働きたいタイミング「今すぐ」「数ヶ月後」「半年後」などに合わせて派遣会社がお仕事を探してくれるのもメリットです。

 

現役派遣社員で8年間勤務(現在2回目の育休中)の私ドレミがおすすめする大手派遣会社は、マンパワー、リクルートスタッフィングです。私も実際に登録して使っています。

 

どちらも家にいながら電話やオンラインで派遣登録、お仕事紹介・相談もできるので忙しい主婦にはありがたいですよね。

 

両会社とも、たった2分程度の簡単WEB登録
育児や家事の合間にできます。

☆私ドレミのおすすめ大手派遣会社をみてみる!↓
マンパワー公式サイトへ

【 IT系 】マンパワー公式サイトへ

 

リクルートスタッフィング公式サイトへ

 

詳しくは下の記事でご紹介しています。

 
ドレミ
もし、将来を考えて今から働き方を良い方向に変えてみたいのなら、ぜひこちらの記事を参考にしてください♪

 

 
 

 

 

『私が本当に使ってよかった』主婦におすすめ派遣会社! 

【2019年】主婦が効率的に働ける年収を徹底調査! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ドレミ

1歳、5歳の男の子2人を子育て中のママです。 これまで会計・監査の業界で働いてきたため 子育てでの疑問や不明点も徹底的に調べて、実際に調べたことを取り入れてみて試行錯誤の日々を送っています。 また、現在まで派遣社員として8年間勤務してきました(現在2回目の育休中)。 実は、主婦にとってメリットが多い派遣。その魅力をお伝えできればと思い『仕事』というカテゴリーで派遣についての記事も書いています。 これらの情報が同じ現役ママのお役に立てればと思いブログを立ち上げました。 子育て・仕事・お金のこと・料理などを中心にご紹介していきたいと考えてます。