【実録!金の事件簿】自転車違反とは?坂上忍さんも知らなかった!?(2019年2月1日放送)

2019年2月1日のフジテレビ『金の事件簿』では、自転車の違反について『どれが違反なのか?』というトークが繰り広げられました。

 

ドレミ
自転車といえば、我が家の長男5歳も昨年から楽しく自転車に乗るようになりました。(公道デビューはまだ)

スピードの出し過ぎでヒヤヒヤすることも…

私自身も、前と後ろに子供を乗せてほぼ毎日ママチャリを走らせていますが、間一髪で事故を免れたことはけっこうあります。

でも、自転車って便利だから『乗らない』という選択肢は難しい…

 

ドレミ
そう、つまり自転車は乗り方次第で事故につながる危険性があるんです。

 

そこで今回は、私自身も自転車違反の内容を詳しく分からなかったので調べてみました。

お子さんがいる方は、ぜひ噛み砕いて説明してあげてくださいね!

 

 
 

 

自転車違反をしたらどうなる?対象は?

自転車事故・違反の多さから、2015年6月1日から改正道路交通法が一部施行され、自転車の交通ルール違反の罰則が強化されました。

全国の自治体に適用されています。

簡単に言うと、

 
ドレミ
『全国どこかで3年以内に事故・違反を2回以上したら、必ず安全講習を受けなければならない』

 

講習の受講料は6000円で3時間コース。なお、受講命令を無視したら5万円以下の罰金が科せられます。

14歳以上の全ての自転車運転者が対象です。

 

 

警視庁が公開している「危険行為14類型」

では、具体的に違反の内容を見ていきます。

1.信号無視

文字通りですね。信号無視したら絶対ダメです。

 

2.通行禁止違反

道路標識等で通行禁止されている場所は通行禁止
というのも、自転車の通行できる場所は原則「車道」だからです。

 

3.歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)

自転車は車道を走るのが原則なんです。

知ってましたか?

車道の一部に「自転車の走行レーン」が作られている場合もありますが、狭い道になった途端に「自転車の走行レーン」がなくなる場合もあります。

狭い道ほど、「自転車の走行レーン」があるといいんですけど… 道幅的に難しいんですよね。

自転車が歩道を走ることができる場合

・道路標識で通行可とされている場合
・運転者が幼児である場合等

この場合にも、「歩行者に注意して徐行する義務」があります。

 

 

 

4.通行区分違反

自転車の走行レーンがある場合は、そこを走ること。

もし、ない場合は車と同じように左側を走ります。右側を走る『逆走』行為は禁止されています。

私もできるだけ左側を注意して走るように気をつけていますが、そうなった理由があります。

 

夜、会社の帰り道に私が自転車で左側を走っていたところ、ライトをつけずに逆走してきた自転車と衝突寸前の状態になり、私がすっ転んだからです。

すっ転んだというレベルではありませんでした。ズボンは破けて、打撲も痛々しい状態…

ドレミ
正直、その事故以前は左とか右とか意識したことがなかったんです。
加害者になる可能性もあった!気をつけねば!

 

 

 

5.路側帯通行時の歩行者の通行妨害

歩行者の通行を妨げないような速度と方法で走るということ。

歩道は、「歩く道」。

ドレミ
とにかく歩行者が優先なのです。

 

6.遮断機が降りた踏切への立ち入り

そのままです。

でも、遮断機をくぐっていく人・自転車を何回か見たことがあります。

万が一のことだけでなく、電車が事故防止で止まること含め大勢の人の迷惑になる可能性がある行為です。

 

7.交差点安全進行義務違反など

優先道路の話です。

これは、免許を持っている方なら理解しやすいことです。

標識がない場合は、自分が走っている道より広い道路が優先されます。

自転車でも適用されます。

ドレミ
今、幼稚園生の息子は小学生になったら公道デビューする予定ですが… 理解させることは、難しそう…

 

 

8.交差点優先車妨害など

右折の際は直進車、左折車の邪魔にならないように、ということです。

 

9.環状交差点での安全進行義務違反など

環状交差点では必ず徐行をしましょう。

 

10.指定場所一時不停止違反など

例えば、「止まれ」標識などでは、自転車も一時停止をします。

ドレミ
注意せずに飛び出すことが多い子供。ちゃんと説明した方がいいですね!
標識なら覚えやすいかも!

 

 

11.歩道通行時の通行方法違反

自転車が歩道を走る場合(※3参照)には「車道寄り」を徐行すること。

歩行者優先なので、邪魔になりそうになったら一時停止を!

 

12.制動装置(ブレーキ)不良自転車運転

必ず前後輪両方のブレーキが正常に作動する自転車に乗ろう。

一時期、ブレーキが前後にない競技用自転車が問題になりましたよね。これもダメってこと!

 

13.酒酔い運転

飲酒後の運転はダメです!

自動車の酒酔い運転はだいぶ減っている印象がありますが、自転車はまだまだ…

我が家でも、数年前にバーベキューの後で夫が自転車で帰ろうとしていたな…

事故になりそうで怖くて、お友達の車にお世話になりました。

 

14.安全運転義務違反

具体的にはスマホを操作しながら、傘をさしながらの片手運転が該当するようです。

 

 

最後に・・・自転車の保険は不要?!

ドレミ
最後に、多くの地方自治体で義務化が進んでいる『自転車保険への加入』に関する我が家の失敗談をご紹介します。
皆さんが同じ失敗をしないために読んでいただければと思います。

うちの長男は、今まで自転車でスピードが出てしまって人にぶつかりそうになってヒヤッとした場面が何度かありました。

自転車と歩行者の衝突事故で、自転車に乗っていた小学5年生の保護者に9,500万円の損害賠償の判決が出たニュースもありましたよね。

 
ドレミ
もし誰かにぶつかって我が子の怪我だけでなく、他人を巻き込んでしまったら…

 

そこで我が家では、家族単位で入れる自転車の保険に加入しました。

万が一の事故に1億円までの支払い、入院時の手当金などがある保険です。

 

ドレミ
でも、実は個別に自転車の保険に入らなくても良いケースがあるんです。

 

というのも、自転車の保険は既に加入している自動車保険や火災保険に特約でつけられる(既に特約でついている)場合が多いからです。

しかも、個別に自転車の保険に入るよりも保険料が安くすみます。

ドレミ
この事実を個別の自転車保険に入った後で友人から聞きました。

私が住んでいる市の条例でも『自転車保険の義務化』が始まったこともあり、万が一のことも考え自転車保険に加入したんです。

まさか自動車保険や火災保険の特約に割安で付けられることは… 早く知りたかった…

 

保険全般に言えることは保障内容や範囲がわかりづらいので・・・

保険ではこんな失敗が…!

・すでに加入している他の保険と内容が重複しているケース
・少ない金額の保障内容で十分なのに高額な保険料を払っているというケース
・そもそも保険が必要なく国の制度でも十分なケース
 
 
 
 
だからこそ、 
本当に必要な保険に入りたい
→ 適切な保険に入って家計全体を見直したい
お金のプロに相談したい!
 
ドレミ
そこで我が家では、家計の見直しも兼ねてお金のプロ「ファイナンシャルプランナー」に無料相談(自宅で)をしました。

丁寧なヒアリング後に保険料含め家計全体を数値化してみせてくれました。
不要な保険、必要な保険もよくわかりました。

自分一人ではできないことなので、ありがたかったです。

 
 
 
 
 
 
最後に、無料相談できるファイナンシャルプランナーをご紹介します。
 
 
ファイナンシャルプランナーのヒアリングが丁寧で、何でも相談できる安心感があることで知られるほけんのトータルプロフェッショナルさんです。
 

保険相談後の満足度98%!友人や知人に紹介したい98%!保険以外の知識が豊富95%!

 
 

★『ほけんのトータルプロフェッショナル』の特徴

🔶厳格な基準(※)をクリアしたトップレベルの厳選されたFPが最適な保険選びをお手伝い

🔶保険見直しだけでなく「家計チェック」「賢い貯蓄方法」「賢い節税方法」「住宅ローンの見直し」「住宅購入のコツ」など総合的なお金の問題解決ができる!

🔶万が一無理な勧誘があれば電話一本で担当者変更(これまで1度も該当者なし)

🔶納得いくまで何度でも無料相談(※複数回相談する人がほとんど)

 
※厳格な基準
相談件数実績、経験年数、顧客数、取扱保険会社、保険知識の熟度、不動産知識、社会保障知識、相続・贈与知識、税金知識、住宅ローン知識など 
 

ファイナンシャルプランナーの無料相談はたくさんの会社が実施していますが、総合的なお金の相談ができるトップレベルのファイナンシャルプランナーは少ないです。

 
 
 
 
適切な自転車保険の加入方法』や『家計全体を数値化してくれる』FPへの無料相談はこちらから(^^)

ほけんのトータルプロフェッショナル

 
 

 

以上です。

 

ドレミ
実は、自転車は「軽車両」に区分されます。免許が要らないけど、車と同じなんです。

 

安全で楽しい自転車ライフを送るためにも、違反内容を理解してお子さんにもわかりやすく説明してあげましょうね!

 
 
💡あわせて読みたい記事 
 
 
 
適切な自転車保険の加入方法』や『家計全体を数値化してくれる』FPへの無料相談はこちらから(^^)

ほけんのトータルプロフェッショナル

 
 

『私が本当に使ってよかった』主婦におすすめ派遣会社! 

【2019年】主婦が効率的に働ける年収を徹底調査! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ドレミ

1歳、5歳の男の子2人を子育て中のママです。 これまで会計・監査の業界で働いてきたため 子育てでの疑問や不明点も徹底的に調べて、実際に調べたことを取り入れてみて試行錯誤の日々を送っています。 また、現在まで派遣社員として8年間勤務してきました(現在2回目の育休中)。 実は、主婦にとってメリットが多い派遣。その魅力をお伝えできればと思い『仕事』というカテゴリーで派遣についての記事も書いています。 これらの情報が同じ現役ママのお役に立てればと思いブログを立ち上げました。 子育て・仕事・お金のこと・料理などを中心にご紹介していきたいと考えてます。