幼稚園の手作り弁当は毎朝3分で完成!簡単、美味い、早いを叶えるコツとは?

「明日は幼稚園のお弁当の日だよね、何にしよう」

「うちは冷凍食品でコロッケかな」

「お弁当ってけっこう面倒だよね。完全給食ならよかったのに…」

 

よくママたちの間で交わされる会話です。確かに毎朝のお弁当作りはなかなか手がかかりますよね。
子どもの好き嫌いがなくなるように工夫したり、ピンチョスを使ってみたり、フルーツを入れてみたりと。

 

うちの長男は幼稚園の年中さんで週4回がお弁当ですが、毎朝約3分ぐらいでお弁当を完成させています!

 

はじめは丁寧に毎朝作っていましたが、数ヶ月前からある方法で時短&栄養バランスも考えた手作り弁当を作るようになりました。

 

では、毎朝約3分で手作り弁当を作るコツをご紹介します。

 

 

 

メインは常備3種類を冷凍!

うちでは、毎朝夫と長男の2人分のお弁当を作っています。

ただ、朝は0歳の次男に手がかかりあまり時間がありません。

 

そこでお弁当の定番メイン3種類を常に冷凍で常備しています。1種類で約1週間分の量です。

 

ポイント

・ジップロックなどにザッと入れて冷凍可能なおかず

・2口以内で食べれる小さめサイズ

・子ども用に薄めの味付け

 

メニュー

以下の中のどれか3種類ぐらいが常に冷凍保存されているようにします。

 

🔶ひき肉

・ハンバーグ
・ミートローフ
・ミートボール

🔶鶏肉

・チキンカツ
・唐揚げ
・鶏肉の生姜焼き
・鶏肉の照り焼き

🔶豚肉

・野菜の肉巻き
・ヒレカツ

🔶その他

・おからナゲット

 

作るタイミング

冷凍保存で常備3種類、一度にまとめて作ると大変ですよね。

ですので、夕飯でそのメニューを作る際に約2倍の量を作り半分はお弁当用に冷凍保存するのがおすすめです。

頑張りすぎずに、なるべく負担なく効率的にやるのがポイントです。

 

メリット

🔶心に余裕がもてる
朝は他にもやらなければいけないことが多く、小さな子供がいると予想外の出来事に時間が取られてしまうことも・・・・。
でも、3分で詰めて完成!とわかっていれば心に余裕が持てます。

🔶メニューを悩まない
明日どうしようかな・・・、昨日と同じおかずだと嫌がるかしら・・・などとメニューに迷うことがなくなります。

🔶夕飯や休日のおかずにも使え、節約にもつながる
冷凍可能なおかずは、お弁当だけでなく普段の食事にも使えます。
忙しい時などだけでなく、休日お出かけして帰りが遅い時などにもスーパーでお惣菜を買わずにすみ節約にもなります。

 

野菜は定番を下準備

当日朝はピンチョスに刺すだけにするため、買い物当日か、前日夕飯の時などに下準備をします。

 

🔶ミニトマト
全てヘタを取って洗ってキッチンペーパーで拭きタッパーに保存します。

🔶キュウリ
輪切りにしてビニール袋に入れ少し塩を混ぜてあっさり浅漬けにします。

🔶ブロッコリー、かぼちゃ
洗って小さめにカットしてビニール袋に入れレンジで3分。冷蔵、冷凍で保存。
 <調理例>
・少しの砂糖、すりゴマで簡単胡麻和え
・マヨネーズ、粉チーズで和える

 

 

 

卵焼きは朝食用と合わせて多めに作る

卵は言わずと知れたスーパーフードです。

我が家では毎朝厚焼き玉子を作って食べていて、卵を一個分増やしてお弁当用にしています。

 

副菜は作り置きか、前日夕飯残り

お弁当箱にまだ余裕があれば、作り置きか、前日夕飯残りから副菜を入れます。

副菜がない時用にタコさんウインナーをまとめて焼いて冷凍保存しておくと便利です。

お弁当だけでなく、普段の夕食や休日のランチにもパッと出せるのでおすすめです。

 

 

以上、「幼稚園の手作り弁当は毎朝3分で完成!簡単、美味い、早いを叶えるコツとは?」をご紹介しました。

少しでもお役に立てれば幸いです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ドレミ

0歳、4歳の男の子2人を子育て中のママです。 これまで会計・監査の業界で働いてきたため(現在育休中) 子育てでの疑問や不明点も徹底的に調べることが好きで、実際に調べたことを取り入れてみて試行錯誤の日々を送っています。 この情報が同じ現役ママのお役に立てればと思いブログを立ち上げました。 自分の経験談も交えながら、子育て・お金のこと・料理などについてご紹介していきたいと考えてます。