派遣に向いている人、向いていない人とは? 勤務8年の現役派遣社員(私)が教えます!

 
ドレミ
これから派遣で働いてみようかな、でも私にできるのかな?

 

という不安。

よく分かります。

8年前の私がまさにそうでした。

 

 
ドレミ
でも、今では派遣でのお仕事はとても自分に向いているし、やりがいも感じています。

 

そこで、今回はこれから派遣で働こうと検討中の方に参考にしていただければと思い記事を書きました。

 

結論から言うと、派遣での働き方はどこか子育て主婦の動きに似ている気がするんです。個人的な意見ですが。(後ほど詳しくご紹介します)

 

では、さっそく詳しくみていきましょう!!

 

この記事はこんな人におすすめです!

🔶派遣で働いてみたいけど不安
🔶自分は派遣に向いているのか知りたい
🔶派遣として働く際の職場の雰囲気を知りたい
 

 

 

派遣に向いていない人

一人行動がすごく苦手

ドレミ
良い意味で他の社員さんとは適度な距離があるのが派遣スタッフの特徴です。

そのため、たまに寂しさを感じることはあるかもしれません。

なので、一人行動がすごく苦手な人は派遣には向いていないかもしれません

 

みんなでワイワイ仕事がしたい人

会社や職種にもよりますが、社員さんたちが一丸となって目標に向かっているときに派遣スタッフはその輪の中にいるというより、周りからそっと支えるような存在がベストかな、と個人的には思っています。

なので、社員さんたちと仲良くワイワイやるというより良い意味で外側で冷静な見方をしているともいえると思います。

 

結果よりプロセスを重視したい人

仕事では、やはり結果が重視されがちですよね。

それは他の雇用形態でも同じです。

ドレミ
ただ、派遣では業務内容が明確なので自ずと目標も明確なことが多いです

 

そのため、結果がわかりやすい故に結果重視の傾向があります。

 

もちろんプロセスも重視しながら改善点があれば良い方向に、と相談しながら進めて行くことは多々あります。

 

責任がある仕事がしたい人

派遣の仕事は、比較的責任が重くない可能性が高いです。

その理由は、マネージャーなどの管理職やチームリーダーとしての業務が少ないからです。

業種によっては例外があるかもしれませんが、一般的な企業内の管理部門ではその傾向があります。

 

ただ、一つ一つの業務については責任の重さはそれぞれですが派遣だからといって軽い仕事ばかりではありません。

例えば、商品の発注業務などで金額や数の入力自体は難しいものではありません。

ドレミ
でも桁数や品数を間違えてしまった場合、予定の仕入れができずにお客様への納品が遅れて会社の売上計上も遅れてしまう場合もあります。

 

 

派遣に向いてる人

効率的に仕事をするのが好き

派遣の仕事は時給が高い分、効率性を求められます。

その意味は、より少ない時間で高い成果を、というよりも『できるだけミスなく一定以上の成果をという感じに近いかもしれません。

 

ミスがないように業務をする、と言っても人がやることならミスもつきものですよね。

ドレミ
だから、できるだけミスしないために基本のやり方に自分なりの方法をプラスアルファできたらベストだと思います。

 

どうやったらミスなくできるか?

どうやって正確に早く仕上げるか?

 

『コスパ』思考が好きな人には派遣が向いていると思います。

 

割と一人行動が得意、好き

私ドレミは一人行動が好きな方です。

どうしても、派遣会社から来ているスタッフというのが前提にあるので社員さんたちと仲良くなるには時間がかかるかもしれません。

 

ドレミ
派遣スタッフ同士の方が距離が近くなりますが、派遣歴が長い人ほど人間関係はドライな人が多いです。

 

逆に私はそれが新鮮で楽でした。

仕事以外で無理に周りに合わせる必要がないから。

 

なので、私は勤務中のランチは基本一人です。

残り物を詰めたお弁当をサクッと食べて外でカフェしながらボーっとするのが大好きです。

お昼休み中にスマホから西友ネットスーパーで買い物をして当日夜に玄関まで食材を届けてもらうことも。時間を上手く使えていると嬉しくなります。

 

月に数回だけ同僚と外にランチに行く方が楽しい、と感じています。

その方がお互い話したいことをしっかり話せるような気がするからです。

 

 

単純作業が割と苦じゃない

派遣の業務内容はルーティーンも多く含まれることが多いため、単純作業が苦じゃない方が向いているかもしれません。

派遣にかかわらず、事務方は正社員でもルーティーンが多い傾向にあります。

ドレミ
単純作業が楽しいと思えるかどうかは、きっと黙々とやること自体を指すわけではない気がします。

 

むしろ、作業の中でより改善、不要、追加の箇所を見つけるなどして効率が良いやり方を考えたりすることが楽しいと思えるかどうかだと考えられます。

 

 

 

目標や理想がある人

目標や理想が高ければ良いという話ではなく、一ヶ月後、半年後、一年後、三年後にどんな自分でいたいかを考えている人にこそ派遣は向いていると思います。

 

私の友人は英語が得意で、いつか翻訳の仕事をしてみたいと言っていました。

今では医療系の翻訳家として活躍しています。

そこに至るまでには、正社員から派遣に転職し参考書での勉強と合わせて派遣会社の無料のスキルアップ講座を受講してビジネス英語を学んだり。

派遣スタッフとして大手商社の国際部で経験を積み、今はフリーランスで働いています。

ドレミ
大手商社に正社員で転職することは難しくても、大手派遣会社に登録すれば経験を積めるチャンスは多くあります。

 

あとは例えば、パソコンのスキルアップは業種や職種で求められている程度が違いますが、いつの時点までに何を完了させる、という目標が達成できたら仕事の幅を広げることも出来ます。

 

派遣に向いている人の特徴は子育て主婦に共通するものがある

ここまで、派遣に向いている人の記事を書いてあることに気づきました!

それは、派遣に向いている人の傾向は『子育て中の主婦の考え方』に共通するものがたくさんあるということ。

 

効率的に仕事をするのが好き

➡️ 家事は効率的にやりたい!早い、安い、綺麗、うまい!

割と一人行動が得意、好き

➡️ 短時間でも自分時間を楽しむことが上手(になったかも。たまにガス抜きしないとね)

単純作業が割と苦じゃない

➡️ 毎日の家事も育児もある意味ルーティーンの連続だけど、より家族が自分がハッピーになれるように小さなことを改善したり追加したりの日々(大変だけどね、家族の笑顔で疲れが吹っ飛ぶ瞬間がけっこうある)

目標や理想がある人

➡️ 今年こそ家族で旅行に行きたい!アウトドアをしたい!というような家族の目標に加え、もう少ししたら社会復帰してこんなお仕事してみたい!など色々な目標・目的がある(漠然とでも頭に浮かんでたらステキだと思う♡)

 
 
 

以上です。

派遣に向いているかどうか、少し参考になりましたでしょうか。

派遣にはメリットがたくさんあります。

ただ、派遣という働き方のメリットを最大限に生かすためにも主婦向けの派遣会社に登録することが必要です。
 
派遣会社は複数ありますが主婦が働きやすい派遣会社は限られています。↓こちらを参考にしていただければ幸いです。
 

 

 

【2019年】主婦が効率的に働ける年収を徹底調査! 

>>>【2019年】主婦が効率的に働ける年収を徹底調査!詳しくはこちらへ

『私が本当に使ってよかった』主婦に優しい派遣会社ランキング 

>>>『私が本当に使ってよかった』主婦に優しい派遣会社ランキング 詳しくはこちらへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ドレミ

1歳、5歳の男の子2人を子育て中のママです。 これまで会計・監査の業界で働いてきたため 子育てでの疑問や不明点も徹底的に調べて、実際に調べたことを取り入れてみて試行錯誤の日々を送っています。 また、現在まで派遣社員として8年間勤務してきました(現在2回目の育休中)。 実は、主婦にとってメリットが多い派遣。その魅力をお伝えできればと思い『仕事』というカテゴリーで派遣についての記事も書いています。 これらの情報が同じ現役ママのお役に立てればと思いブログを立ち上げました。 子育て・仕事・お金のこと・料理などを中心にご紹介していきたいと考えてます。