ふるさと納税は還元率No.1の楽天市場が絶対おすすめ! ~最大ポイント付与時期&方法を徹底解説~

ふるさと納税といえば、2000円の自己負担で米やお肉、地方の美味しい特産物がもらえるお得な制度ですよね。

 

しかし、あるタイミング&方法で楽天市場でふるさと納税を行えば、この2000円の自己負担はなくなります!

それどころか、プラスのポイント付与が!

 

もちろん、そのプラスのポイントを使って通常の買い物も、ふるさと納税もできます。

楽天市場はポイント還元率が高いことは分かるのですが、たくさん仕組みや攻略法がありすぎて正直全て理解&把握して実行するのは大変ですよね。

そこで今回は楽天市場のお得な制度をざっくりご紹介しながら、ふるさと納税に関連するところはしっかりわかりやすく解説していきたいと思います。

最後には、実際に届いたお肉などのお礼の品々をご紹介しますのでご覧いただければと思います。

では、ふるさと納税で得をするための楽天市場の活用タイミングと方法をご紹介します。

 

 

⭐️関連記事
ふるさと納税の仕組みをわかりやすく徹底解説した記事はこちらです。上限額の計算方法なども分かりやすくご紹介していますので合わせてご覧ください。

 

 

タイミング

ズバリ、

楽天スーパーセール、お買い物マラソン

この2つのイベント開催時にふるさと納税をすること!が重要です。

 

イベント概要

簡単にイベントの概要を説明すると、

・楽天スーパーセール
 3,6,9,12月に開催
半額セール、ポイント10倍
買い回りによるポイントアップ

・お買い物マラソン
 楽天スーパーセールがない月に開催
買い回りによるポイントアップ

 

この特徴のうち、ふるさと納税に関連することだけ抜き出すと、

「買い回りによるポイントアップ」

のみになります。
ふるさと納税の商品に、半額セールやポイント10倍は関係ありません。

 

買い回りとは?

買い回りの意味は、

1店舗ごとにポイントが100円につき1円=1ポイントずつ増えていき、最大10店舗でポイントが10倍になる仕組みです。

これをふるさと納税に当てはめてみます。

例えば、楽天市場のふるさと納税サイトで魅力的な返礼品を探して、ある5つの地方自治体に1万円ずつ寄付をしたとします。合計5万円。

この場合、5店舗で1万円ずつ商品を購入した、と同じ意味になります。
ですので、5万円×0.05=2500円分のポイントがもらえます!

ふるさと納税の自己負担は2000円なので、プラス500円に!

※6つ以上の地方自治体に寄付をすると、確定申告が必要になります。

 

買い回りでは、いくつまでがお得?

まずは上限の確認です。

・地方自治体への寄付又は店舗での購入、又は二つの組み合わせによるカウント最大数は10つ。11以上はカウントされません。
・ポイント数は最大1万円分まで。それ以上はポイントがつきません。

 

ふるさと納税で一気に10つの地方自治体に1万円ずつ寄付をして、買い回りの最大ポイント10%の上限1万円を得ることも可能です。

ただ、これは一般的には現実的ではない一面もあると思います。
理由は、ふるさと納税では、食料品がメインだからです。

長期保存が可能なものであれば良いのですが、お米やお肉や野菜や魚では難しいですよね。

買い回りの最大ポイントを優先して一度にたくさんの返礼品をいただくより、食料品の返礼品は月を分散した方が良いかと思います。

 

ふるさと納税と合わせて、本当に必要な消耗品等を購入すればポイントアップ!

もし、楽天市場で購入できる消耗品や検討中の高額なものがあれば、買い回りのタイミングでふるさと納税と合わせて購入することをおすすめします。

🔶消耗品のおススメ商品

洗濯用洗剤
食器用洗剤
ラップ類
ティッシュペーパー
トイレットペーパー
ミネラルウォーター

 

🔶注意点

・1店舗で1000円以上の商品がカウント対象
・別日に同じ店舗で買っても1店舗と見なされる
・買い回りに気を取られないこと!本当に必要なものを購入。

 

買い回りはいつやっている?

先にご紹介したように、この買い回りポイントアップは、楽天スーパーセールおよびお買い物マラソンの両方にあります。

ということは、なんと毎月開催されているんです!

期間は約1週間程。
楽天市場のサイトで直前になると予告されます。

急ぎではないものを購入する際は、開催日を確認をしてみてくださいね。

 

 

 

具体的な方法

 

①楽天市場に納税者名義で新規登録又はログインします。

🔶アプリで購入

ふるさと納税は金額も大きいのでアプリからの購入(寄付)がおススメです。
アプリを利用すると、更に1ポイントもらえます。
上の例で5万円で1ポイントアップした場合、アプリを使っただけでプラス500円になります。

 

🔶注意点

必ず納税者名義でログインすること。

ふるさと納税は、簡単に言うと「住民税の前払い」です。
つまり、個人ごとの税金の話であり、世帯ごとではありません。
住民税の納付自体がない専業主婦や年収103万円以下の方が、自分名義でログインしてふるさと納税した場合、大損してしまいます。

上の例で説明すると、1つの地方自治体で約4千円ぐらいの返礼品をいただけるので5万円寄付して約2万円相当分の返戻品をもらう、つまり実質3万円は完全な寄付になってしまいます。

 

②楽天市場のふるさと納税サイトで魅力的な返礼品を探す

🔶楽天市場の返礼品が良い理由は?

楽天市場では、ふるさと納税の金額は1万円が一番多いです。
約80の地方自治体が返礼品を掲載しています。

他のふるさと納税のサイトでは1000~1800の地方自治体が返礼品を掲載しています。
ただその膨大な情報の中からお気に入りの返礼品を探すのは困難で、ランキングによる選択になる可能性が高いです。

しかし、楽天市場では始めから商品を厳選しており、競争率も高いためより良い返礼品があるといえます。

そのほかにもメリットが多いのも事実です。

・楽天での買い物と同様の方法で簡単に納税できる
・決済にクレジットカードが使える
・貯まっているポイントを使ってふるさと納税ができる
・ふるさと納税でも楽天ポイントが貯まる
わざわざ楽天市場にお金を払って掲載しているということは返礼品に力を入れている証拠

 

🔶いくつの地方自治体に寄付をする?

これについてはお得になる寄付金の上限額や色々な考え方によります。

◾確定申告はしたくない!という人

・1~12月の間で計5つ以下の地方自治体にふるさと納税を行うこと。
楽天市場でふるさと納税した際に、納税(商品購入)時にポップアップ等で必ず「ワンストップ納税」を選ぶこと。選ばなかったり、6つ以上の地方自治体へのふるさと納税は確定申告が必要になります。

※ワンストップ納税
5つ以下の地方自治体へのふるさと納税の場合に適用される。地方自治体から送付される申請書を使い、住民税だけで寄付金控除を行う。所得税からの還付は不要のため、確定申告も不要。どちらも控除金額は同額。

 

◾食料品の返礼品の場合

うちでは夫の名義で昨年初めてふるさと納税をしました。12月末に駆け込んだため、返礼品は2~4月の到着が多かったです。

今回はたまたま時期がずれて魚や肉が来たので冷凍庫はパンパンにならずにすみましたが、今後は計画的に、と考えています。
以下は一例です。

・1回のイベントで、3~4つの地方自治体に。これを上限額に応じて繰り返し行う。
・全ての地方自治体から米、というやり方ではなくお肉、野菜、特産品というように満遍なく。

 

③楽天市場での決済

通常の買い物での決済と同じ方法です。

🔶注意点

繰り返しになりますが、年間5つ以下の地方自治体にふるさと納税する可能性があれば、必ず納税(商品購入)時にポップアップ等で「ワンストップ納税」を選ぶこと。
選ばなかったり、6つ以上の地方自治体へのふるさと納税は確定申告が必要になります。

 

🔶楽天クレジットカードのメリット

参考までに私も持っている楽天のクレジットカードのメリットについてご紹介します。

◾年会費無料

 

◾常時ポイント発生&ポイントによる支払い可能
・いつ何を買っても100円につき1円分のポイントが付与されること
・ポイント1円分から支払いに使用可能であること

 

カード支払いでポイント3倍!
楽天のクレジットカードを使うと、ポイントが3倍に増えるため、おススメです。
例えば5つの地方自治体に1万円ずつ、合計5万円の寄付の場合、1500円分のポイントがもらえます。

 

◾入会時の特典
ちなみに、クレジットカード入会キャンペーン中だと、5000~9000円分のポイントがもらえることもあります。

 

◾アプリの支払明細が見やすい!
クレジットカードの明細がアプリで分かりやすく簡単に確認できるのも魅力的です。

 

◾カードの一本化のすすめ
正直、最近のクレジットカードは入会時に色々特典がついていて魅力的ですが、クレジットカードをこれ以上増やしたくないなと考える人も多いと思います。以前の私もそうでした。

7年前に、最初にもらえる5000円分のポイントに惹かれて入会したのですが、
結果的にはメリットが多かったため『他に保有していたクレジットカードをほとんど解約する』という決断に至りました。

日用品や食料品や子どものグッズなど、さらに通常の実店舗などでの買い物のクレジットカード払いでも楽天ガードに一本化しました。

そうすることで、ポイントが何倍にも増えて驚きました!
ネットや実店舗での使用によるポイント還元率はトップクラスです

 

 

以上から、

今後クレジットカードの整理をしたい方に、一本化を前提にあえておススメしたいです!

 

ポイント還元率のまとめ

ここまでご紹介したやり方を全て使うと、5つの地方自治体に1万円ずつ計5万円の寄付をした場合、

 

・買い回りイベントで2500円
・アプリ使用で500円
・楽天クレジットカード支払いで1500円

 

合計4500円、9%の還元率!

自己負担2000円の回収どころか、さらに2500円分のポイントゲット!

 

我が家に届いたお礼の品々&購入予定のステーキ!

昨年初めてふるさと納税をし、食料品を中心にお礼の品々をいただきました!

楽天ふるさと納税を使うと、ポイントが使える&貯まるので実質全て無料でいただけると思うと本当に嬉しいですね。

お礼の品々の一部と、購入予定の品をご紹介します。

 

🔶九州産の黒毛和牛

な、なんと2kg!!!!
メガ盛りですね!

しかも、現在はさらに増量して2.2kgになっている!

子どもが食べることを考えると、脂肪分があまり多くなく普段使いできる赤身のお肉なのでとてもよかったです。

すき焼き、肉じゃが、ビーフシチューなどで頂きました!
とっても美味しかったのリピート決定です。


B339 【ふるさと納税】黒毛和牛小間切れ切落し2.2kg

 

🔶北海道産のホタテ

こちらには、「カツオのたたき」がおまけで入っていて驚きました!しかもタレ付きで。
ホタテ1kgだけでも十分すぎるお品なのに・・・びっくりです。

全体の写真を撮り忘れてしまいましたが、
メニューの参考に撮った箱の裏面&ホタテフライの写真は残っていました。
こんな写真で失礼します。

お刺身や手巻き、ホタテフライ、バター醤油炒めなどでいただきました!

スーパーなどではお目にかかれない大きさと美味しさです。

こちらもリピート決定です。


【ふるさと納税】☆北海道産ホタテ貝柱 玉冷☆

 

 

🔶《購入予定》黒毛和牛のステーキ

たまにはこんな高級ステーキも食べたい!ということで購入予定のステーキです。
しかも、ステーキだけでなく「手作りハンバーグ4つ」もついてくる!


【ふるさと納税】黒毛和牛(経産牛)ロースステーキ<熟成牛肉>300g(150g×2枚) 手作りハンバーグ4個セット(130g×4個)【ホクシン】

 

ぜひ、楽天市場でのふるさと納税をお試しください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ドレミ

0歳、4歳の男の子2人を子育て中のママです。 これまで会計・監査の業界で働いてきたため(現在育休中) 子育てでの疑問や不明点も徹底的に調べて、実際に調べたことを取り入れてみて試行錯誤の日々を送っています。 この情報が同じ現役ママのお役に立てればと思いブログを立ち上げました。 自分の経験談も交えながら、子育て・お金のこと・料理などについてご紹介していきたいと考えてます。