【主婦が扶養内パート】理解すべき税金等を2ステップで解説!

ドレミ
主婦が扶養内のパートで働きに出る場合に考えたり決めることはたくさんあります

 

その中でも『毎月の手取り額がいくらなのか?』は事前に知っておきたいことです。

 

手取り額を知るためには、所得税、住民税、社会保険料など聞きなれない言葉を理解しなければいけません。

 

難しい専門用語ばかりでなかなか理解できない…

 

ドレミ
でも、働き始めてから『なんだか色々なお金が差し引かれている…』という気持ちにはなりたくないですよね。

 

そこで、今回は主婦が働き始める場合に知っておくべき『税金や社会保険料など』の話を2ステップでご紹介します。

 

できるだけ専門用語は使わずにわかりやすい表現でご説明します!

 

では、さっそくいってみましょう!

 

この記事はこんな人におすすめです!

🔶これから扶養内で働きたい主婦
🔶お給与の仕組みを理解して主婦にお得な年収を知りたい人
🔶税金や社会保険のことは全くわからない人
 
 
用語の理解よりも『主婦が効率的に働ける年収・手取り額』を早く知りたい方はこちらへの記事へ!↓↓(別windowが開くので後から読むこともできます)
 
💡あわせて読みたい記事 
 
 
 
 

【ステップ1】まずは扶養の基礎知識を理解しよう!

扶養制度は3種類ある!

扶養と言うと、所得税が有名ですよね。『103万円の壁』というフレーズとともに。

実は、扶養が使える制度は全部で3種類もあります。

ドレミ
所得税、住民税、社会保険料(厚生年金保険料&健康保険料)です!

 

扶養制度の内容とは?何で得する?

🔶税金(所得税・住民税)の場合
例えば夫が妻を扶養すると、夫の税金が安くなります。
なぜなら、夫の所得税や住民税を計算する際の夫の「所得」から妻の年収に応じて一定金額を差し引くことができるからです。

 
ドレミ
最終的に『所得×税率=税金』とう計算をするので、「所得が小さくなれば税金も少なくなる」ということです。
所得とは「会社で例えるなら利益」みたいなもの、と理解するとわかりやすいです。

 

ドレミ
所得税では妻の収入に応じて3〜38万円を差し引くことができます。
住民税では妻の年収が概ね93〜100万円以下なら(地方自治体で異なる)33万円を差し引くことができます。

 

🔶社会保険の場合
例えば夫が妻を扶養すると、妻は保険料を全く支払わなくても医療機関でのサービスは3割負担になり、65歳以降は公的な基礎年金を受給できます。(厚生年金の上乗せは夫のみ)

 

 

配偶者の扶養は?

所得税では、夫が妻を扶養に入れる場合は名称が『配偶者控除』『配偶者特別控除』という呼び方になります。条件(主に妻の年収・所得)によってこのどちらかが該当します。

 

🔶配偶者控除

ドレミ
妻の年収が103万円以下の時には『配偶者控除』という制度を使えます。
夫の扶養になることで38万円を夫の所得から差し引くことができます。

ドレミ
例えば、夫が年収500万円(税率10%)で妻が年収103万円なら『38万円×10%=3.8万円』となり夫の税金が年間3.8万円安くなります。妻が働いていない場合(年収0円)でも同額です。
ちなみに夫の年収が700万円(税率20%)で妻の年収0〜103万円なら2倍の7.6万円安くなります。
 
 
この記事は、一般的な夫婦を想定しています。
上述した内容が理解できていれば十分ですが、参考までに以下に国税庁の情報も載せておきます。

 

⭐️配偶者控除は以下4つの全ての条件に当てはまる人が対象
・民法の規定による配偶者であること(内縁関係の人は該当しません。)
・納税者と生計を一にしていること。
・年間の合計所得金額が38万円以下であること。
 (給与のみの場合は給与収入が103万円以下)
・青色申告者の事業専従者としてその年を通じて一度も給与の支払を受けていないこと又は白色申告者の事業専従者でないこと。

 

控除を受ける納税者本人の
合計所得金額
控除額
一般の控除対象配偶者 老人控除対象配偶者
(※12/31時点70歳以上)
900万円以下 38万円 48万円
900万円超950万円以下 26万円 32万円
950万円超1,000万円以下 13万円 16万円
 

 

 

🔶配偶者特別控除

ドレミ
妻の年収が103万円以上201万円未満の時には『配偶者特別控除』という制度を使えます。
夫の扶養になることで年収に応じて3〜38万円を夫の所得から差し引くことができます。

ドレミ
例えば、夫が年収500万円(税率10%)で妻が年収150万円なら『38万円×10%=3.8万円』となり夫の税金が年間3.8万円安くなります。妻の年収が201万円なら『3万円×10%=3千円』。
ちなみに夫の年収が700万円(税率20%)で妻の年収150万円なら2倍の7.6万円安くなります。
 
 
参考までに以下に国税庁の情報も載せておきます。

 

⭐️配偶者特別控除は以下5つの全ての条件に当てはまる人が対象
・民法の規定による配偶者であること(内縁関係の人は該当しません)。
・控除を受ける人と生計を一にしていること。
・その年に青色申告者の事業専従者としての給与の支払を受けていないこと又は白色申告者の事業専従者でないこと。
他の人の扶養親族となっていないこと。
・年間の合計所得金額が38万円超123万円以下であること。

 

  控除を受ける納税者本人の合計所得金額
900万円以下 900万円超
950万円以下
950万円超
1,000万円以下









38万円超 85万円以下 38万円 26万円 13万円
85万円超 90万円以下 36万円 24万円 12万円
90万円超 95万円以下 31万円 21万円 11万円
95万円超 100万円以下 26万円 18万円 9万円
100万円超 105万円以下 21万円 14万円 7万円
105万円超 110万円以下 16万円 11万円 6万円
110万円超 115万円以下 11万円 8万円 4万円
115万円超 120万円以下 6万円 4万円 2万円
120万円超 123万円以下 3万円 2万円 1万円

 

 


↓主婦だからこそ派遣で『高時給・長期安定のお仕事』!詳細はこちらをチェック!↓

 
 
 

【ステップ2】給与から差し引かれる「税金・社会保険料」等を理解しよう!

額面とは?

給与の『額面』とは、税金や保険料が差し引かれる前の金額を指します。

もし時給1,000円で1日5時間、1ヶ月間の勤務日数が16日なら

1,000円×5時間×16日=80,000円

ドレミ
この80,000円が給与1ヶ月分の『額面』です。
一般的に「月給は?年収は?」と聞かれた時は額面で回答します。

 

 

天引きとは?

上の『額面』の金額から税金や保険料が差し引かれることを『天引き』と言います。

会社が個人の給与から税金や保険料を天引きし、まとめて税務署などに支払いをしています。

 

所得税

妻が夫の扶養になると、夫の所得税がお得になります。

つまり、以下2つの計算をした方が「妻が年収◯円で働くことによる税金の影響」をより正確に知ることができます。

①妻の所得税の計算
②夫の所得税が安くなる分を計算

 
ドレミ
税制改正により2018年分から所得税がよりお得に!以下2点です!
 

・夫の所得から38万円引くことができる妻の年収の上限額が103万円から150万円にあがった。(配偶者控除)
・夫の所得から3〜36万円引くことができる妻の年収の上限額が141万円から201万円にあがった。(配偶者特別控除)

 
 

①妻の所得税
妻の年収が103万円以内だと妻の所得税が0円です。年収が103万円より多くなると、所得税がかかります。

税制改正で変わった点は、あくまで夫の税金が安くなる話の条件です。なので、妻の所得税が0円になる年収は103万円まで、という点は変わりません。

ドレミ
年収150万円まで所得税が0円、と間違えないように!注意!

 

②夫の所得税
妻が夫の扶養内(年収0〜201万円未満)で働くことで、夫の所得税が安くなります。

ドレミ
扶養になるということは、夫の所得から扶養控除3〜38万円を引くことができることを意味します。

 

難しい話よりも、実際にどのくらい夫の所得税が安くなるのかを見てみましょう!

⭐️夫の所得税が安くなる例

・夫の年収500万円で妻の年収が150万円の場合、夫の所得税が年間3.8万円安くなる
38万円×夫の税率10%=3.8万円

・夫の年収700万円で妻の年収が150万円の場合、夫の所得税が年間7.6万円安くなる
38万円×夫の税率20%=7.6万円

 

ドレミ
夫の年収があがると税率が高くなる(累進課税)ので、お得感が増します。

 


↓主婦だからこそ派遣で『高時給・長期安定のお仕事』!詳細はこちらをチェック!↓

 
 
 

 

住民税

住民税は、住民登録している地方自治体に支払う個人の税金です。

妻が夫の扶養になると、夫の住民税がお得になります。

所得税と同じく以下2つの計算をすることでより正確に状況を把握しましょう。

①妻の住民税の計算
②夫の住民税が安くなる分を計算

ドレミ
さらに住民税は均等割、所得割という2つで構成されています。

・均等割
基本料金みたいなもので年収が100万円を超えると誰でも5000円支払います。

・所得割
所得割は市区町村により計算金額が異なりますが、概ね年収93~103万円が扶養の上限額になります。それ以上の年収になれば誰でも一律で所得の10%を支払います。

 

ドレミ
所得割の扶養上限額は地方自治体で異なるため要確認!
ネットで「住民税 所得割 ◯◯市」と検索すると確認できますよ。

 

①妻の住民税

・均等割:年収約100万円以下は0円です。100万円を超えると誰でも5000円支払います。

・所得割:妻の年収が概ね93~103万円であれば、0円です。それ以上の年収になれば誰でも一律で所得の10%を支払います。

 

②夫の住民税
妻が夫の扶養内(概ね年収0〜100万円未満)で働くことで、夫の住民税が安くなります。

・均等割:減額無しで5000円のまま。

・所得割:妻が夫の扶養になることで、夫の所得から引くことができる金額は33万円です。

⭐️夫の住民税の所得割が安くなる例

・夫の年収500万円で妻の年収が93万円の場合、夫の住民税の所得割が3.3万円安くなる
33万円×税率10%=3.3万円

・夫の年収700万円で妻の年収が93万円の場合、夫の住民税の所得割が3.3万円安くなる
33万円×税率10%=3.3万円

 
ドレミ
住民税の所得割は、所得にかける税率が誰でも10%だから、妻が夫の扶養に入ることで夫の住民税が安くなる金額は夫の年収に関わらず同じ金額です。
同じ個人の税金でも所得税は年収が高くなるほど税率が高くなります。

 

 

社会保険料

社会保険料とは、厚生年金保険料と健康保険料の2つの合計金額です。

 

🔶保険料を払うと、どんなサービスを受けられる?

厚生年金は5人以上の会社が加入できる国の保険制度です。

ドレミ
5人未満の会社、個人事業主は加入できません。

厚生年金保険料を払うことで65歳以降に受け取る年金が多くなります。

健康保険は自己負担3割で様々な医療サービスが受けられます。

最初にご説明したように、夫の扶養に入るということは妻自身が全く保険料を払わなくても医療費は3割負担で、65歳以降は国民年金(基礎年金)が支給されるなどのサービスを受けることができることを意味します。(65歳以降に受け取る年金の上乗せ部分は夫のみに適用。)

 

 

🔶毎月いくら払う?

社会保険料は会社と従業員で、給料の額面の約14%ずつ費用負担します。例えば月給10万円なら1万4000円ずつ支払います。

ドレミ
けっこう高いですよね。

毎月のお給料の直近3ヶ月の平均額で変わります。たくさん働いて月収があがると、保険料が見直され上がるということ。逆も然り。

 

🔶妻の年収がいくらまでなら夫の扶養に入れるか?

夫の扶養に入れる妻の年収上限額は106万円又は130万円です。

ざっくり説明すると、

・妻が大企業に勤めていて毎月88400円以上の月収なら扶養上限額は106万円
・妻が中小企業に勤めているなら扶養上限額は130万円

※106万円が上限額になるのは以下の条件を全て満たす人
・正社員が501人以上の会社で勤務
・収入が月8万8000円以上
・雇用期間が1年以上の見込み
・所定労働時間が週20時間以上
・学生ではない

注意:収入に残業手当、通勤手当、賞与は含まない

 


↓主婦だからこそ派遣で『高時給・長期安定のお仕事』!詳細はこちらをチェック!↓

 
 
 

 

雇用保険料


生活を守るためにある保険で、主に国の厚生労働省が管理しています。

 
ドレミ
手続きや給付は各地の管轄のハローワークがおこなっています。
 
2つの条件
・一週間の労働時間が20時間を超えること
・31日以上会社で働く見込みのある労働者であること
を満たした人だけが入れる国の保険です。
 
 

🔶保険料を払うと、どんなサービスを受けられる?

 ・失業時に受け取れる失業保険の給付
 ・企業に勤めている時に受けられる育児休業給付、介護休業給付、教育訓練給付など

🔶毎月いくら払う?
給与(各種手当含む)金額に0.3%をかけた金額を支払います。

 

主婦が働く上で注意すべき項目は…

ここまで、給与から差し引かれる項目を扶養の上限額と合わせてご説明しました。

 
ドレミ
主婦が働く上で注意すべき項目は何だと思いますか?

 

所得税や住民税ではありません。

 

実は、『社会保険料』は注意しなければいけないんです!!

理由は2つ!

・社会保険料は給与額面の14.1%も支払いがある!(月収10万円なら1万4千円の支払い)

・社会保険料の扶養の年収上限額は106万又は130万円の2種類ある!

 

このどちらもしっかり考慮せずに主婦が働き始めてしまうと、たくさん働いたのに手取りが少なくなり損をしてしまう可能性さえあります!!

 

そこで、おすすめしたいのが『主婦が派遣で働く』ということです。

 

 
ドレミ
主婦向けの派遣会社なら、お得&適切な社会保険料の扶養内で効率よく働くことができます!
扶養内で働くための時間調整も派遣会社がやってくれるので安心です。
 

 

主婦が派遣で働くメリットはたくさんあります。

 

次の章で詳しくご紹介します。

 

※主婦が効率的に働ける年収・手取り額はこちらの記事でご紹介しています。ご覧いただければ幸いです。
 
💡あわせて読みたい記事 
 
 
 

 

主婦が派遣で働くメリットはたくさん!

派遣というと、専門職や若者のイメージを持っている方も多くいます!

 
ドレミ
でも、実は派遣は主婦にこそおすすめの働き方なんです。
適切な派遣会社に登録すれば、子育てしながらでも効率的に働けます。
現に私が子育てしながら8年間派遣として働いています!

「主婦向けのおすすめ派遣会社」の情報はこちらをチェック!

 

直接雇用のパート勤務は時給が割りに合わないことも

直接雇用のパート勤務は、時給が高くない場合が多いですよね。

パートは責任ある仕事が任される傾向がありますが、時給は900円がいいとこ。

でも、派遣のパート勤務なら事務職でも時給1100〜1500円の求人が多くを占めます。

 
ドレミ
派遣なら高時給で長期安定した仕事が多数あります。
さらに、よりよい仕事をコーディネーターに探してもらえます。
 
 
💡あわせて読みたい記事 
 
 

 

☆私ドレミのおすすめ大手派遣会社をみてみる!↓
マンパワー公式サイトへ

【 IT系 】マンパワー公式サイトへ

 

リクルートスタッフィング公式サイトへ

 

 

 

職探しはハローワーク?求人サイト?

職探しの段階でも、例えばハローワークならわざわざ出向いて求人検索や相談の列に並んで1時間待たされるなんてザラです。

 
ドレミ
小さな子どもと行って泣いてしまったら何もできずにストレスだけ持ち帰るなんてことも…。

 

ハローワークも求人サイトでも、パート求人には応募が多く書類選考で通過するのも難しい場合も。

一つの求人の応募から書類選考、面接の結果まで2週間待たされた挙句に不採用。

また振り出しに戻り求人探しから、なんてことはよく聞く話です。

 
 
💡あわせて読みたい記事 
 
 

主婦だからこそ派遣という働き方

主婦であればコスパという視点で、効率的に優良なお仕事を探して働き始めたいですよね。

 
ドレミ
派遣という働き方は主婦にメリットがたくさんあります。

 

私のおすすめの大手派遣会社マンパワー、リクルートスタッフィングの2社なら家にいながら好きな時間に電話やオンラインで派遣登録ができます。

 
ドレミ
もちろん、家にいながらお仕事の紹介も相談も全てメールや電話でできます(全て無料)!ハローワークにはないサービスです。

 

マンパワーやリクルートスタッフィングなどの主婦に適した派遣会社なら、事務職や営業事務などの多数の求人からよりよい求人を選ぶことができます。

 

大手企業で長期安定、高時給の事務職も多数あります。

 
ドレミ
主婦のあなたが本気で取り組めば、大手企業内や同業界などで部署や職場を変えながらキャリア形成だって可能です。
 

 

☆私ドレミのおすすめ大手派遣会社をみてみる!↓
マンパワー公式サイトへ

【 IT系 】マンパワー公式サイトへ

 

リクルートスタッフィング公式サイトへ

 

 

充実したスキルアップ講座

今そして将来の自分に合ったスキルアップ講座が大手派遣会社にはあります。

派遣登録すれば、就業の有無に関わらず無料で各種講座を受けることができます。

 
ドレミ
マンパワーなら、家でネット環境があれば受講可能なEラーニングが業界最多の300コースも!
さらに来社すれば、あなたのための個別研修を組み合わせて作ってくれます。

 

リクルートスタッフィングは大手有名企業リクルートのグループ会社なので、福利厚生が充実しています。

 

私が実際にマンパワーとリクルートスタッフィングに登録して色々な質問をした記事はこちらです。

ドレミ
現役派遣社員で子育て主婦の私ドレミが、働く主婦が知りたいことを色々聞いていますので参考になれば!

 

「主婦向けのおすすめ派遣会社」の情報はこちらをチェック!

 

 

以上、「【主婦が扶養内パート】理解すべき税金等を2ステップで解説!」をご紹介しました。

少しでもお役に立てれば幸いです。

☆私ドレミのおすすめ大手派遣会社をみてみる!↓
マンパワー公式サイトへ

【 IT系 】マンパワー公式サイトへ

 

リクルートスタッフィング公式サイトへ
 
 
 
↓主婦が効率的に働ける年収・手取り額はこちらの記事でご紹介しています。ご覧いただければ幸いです。
 
💡あわせて読みたい記事 
 
 
 
 

『私が本当に使ってよかった』主婦におすすめ派遣会社! 

【2019年】主婦が効率的に働ける年収を徹底調査! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ドレミ

1歳、5歳の男の子2人を子育て中のママです。 これまで会計・監査の業界で働いてきたため 子育てでの疑問や不明点も徹底的に調べて、実際に調べたことを取り入れてみて試行錯誤の日々を送っています。 また、現在まで派遣社員として8年間勤務してきました(現在2回目の育休中)。 実は、主婦にとってメリットが多い派遣。その魅力をお伝えできればと思い『仕事』というカテゴリーで派遣についての記事も書いています。 これらの情報が同じ現役ママのお役に立てればと思いブログを立ち上げました。 子育て・仕事・お金のこと・料理などを中心にご紹介していきたいと考えてます。