【ホンマでっかTV!?】幼児に塗り絵はNG?デメリット、メリットは?対処法も解説(2019年2月20日放送)

2019年2月20日放送の「ホンマでっかTV!?」では、『絵』に関する情報が紹介されます!

私が一番気になった話題は、『幼児に塗り絵はNG?』というお話です。

では、さっそくご紹介します!

 

「ホンマでっかTV!?」で紹介された『幼児に塗り絵はNG?』の内容まとめ

幼児に塗り絵をたくさんさせるのは良くない?

『形が決まった絵に色を塗らせるのは子供の目線ではない』

という尾木先生の話からスタートしました。

さらに、尾木先生から、塗り絵は描いてある絵、塗り絵という方法、全て大人目線という指摘がありました。確かに・・・

つまり、子供の 『自分の感性のままに絵を描くという能力』が奪われる可能性がある、ということ。

枠をはみ出していたり、関係のないところを塗っている時に子供に注意してしまうと、型にハマった大人の絵になってしまいます。

子供の自由な発想力を抑えないような大人の対応が大事ということですね。

 

ドレミ
親としては、子供が遊びの中で楽しく創造力を高めたり集中力が養われれば嬉しいですよね。

私には2人の男の子がいるのですが、5歳長男は「LEGO」にハマっていて対象年齢が小学生高学年向け〜大人のものまで全て作ってしまうぐらい上達し驚いています。

おもちゃや遊びの対象年齢を気にせずに、子供の『これやってみたい!』という気持ちを一番に考えることが大事です。

 

以下では、経験談なども交えながら塗り絵や子供の遊びについて深堀りした情報をご紹介します。

よろしければご覧になってください(^^)

 

塗り絵のメリット

脳の活性化

カナダの脳神経外科医であるワイルダー・グレイヴス・ペンフィールド(1891~1976)によると、手や腕を動かすことは前頭葉、側頭葉、頭頂葉、後頭葉といった脳全体が活性化されると報告されています。

『手を使う』ということは、手を使わない時に比べて脳の血流量が10%程度上がり、もし脳の血流量が低い場合には神経細胞がなくなってしまうとともに二度と復活することはないそうです。

ドレミ
では、『手を使う』という行為なら何でもいいのか?というとそうではありません。

 

脳を活性化させる方法は、考えながら手を動かすことです。

塗り絵も『考えながら手を動かす』に該当しますよね。

ドレミ
子供の習い事として人気がある『ピアノ』などの楽器演奏も、楽譜をみながら両手を動かし、さらに曲の中での強弱を考えて演奏します。

うちの5歳の長男は4歳からピアノをやっています。

上述しましたが、ピアノを習い初めてから『小学校高学年向けのLEGO』を一人で作ったり、大人向けのLEGOさえも説明書をみながら全て自分で組み立てられるようになりました。

ピアノで脳が活性化されたことが一つの要因かもしれません。

詳しくはこちらに詳しく書いております。
>>>4歳子どものピアノの練習方法を変えたら、他のことでも急成長が!

 

集中力アップ

子供の脳は未熟なので、塗り絵などの遊びを通して集中する時間を設けることで習慣づけができ、勉強や仕事においても集中して行うことができるようになります。

数年前から大人向けの塗り絵本がヒット商品になっていますよね。

実際に、大人が塗り絵をした場合でも脳を活性化し集中力をアップさせることで認知症の予防や改善の効果も認められているほどなのです。

 

色選びによる発想力のトレーニング

塗り絵をする時には

・どの場所に
・どんな色で
・色の濃淡はどのくらいで
・何色かをまぜたり
・隣の色はどんな色に

など、たくさんの発想力や推察力が鍛えられます。

確かに、うちの5歳の長男も塗り絵をする時は『現実にできるだけ忠実な色使い』ということもあれば、『自分だけのオリジナルな色使い』だったり、その時々で全く違う方法で塗り絵を楽しんでいます。

ドレミ
子供の塗り絵は、大人にはない発想や色使いも多く見られるので親の私も『次はどんな色使いでくるかな?』と楽しんでみています。

 

 

 

目と手の協応の発達

「目と手の協応」とは、目で見たものをすぐにとらえて、それに合わせて手の動作を行う機能を言います。

大人になると「目と手の協応」の発達が進んでいるのであまり意識することはないのですが、もし大人になって初めてピアノなどの楽器を弾く機会があればその時の感覚が『子供が塗り絵を始めた初期の感覚』に近いかもしれません。

ドレミ
つまり、塗り絵をできる大人にとっては難しくない『枠内を塗る』という行為は子供にとって初めはとても難しいことなのです。

 

塗り絵を繰り返していると、徐々に脳が発達していき目と手の動きにつながりがたくさんできることで『枠内を塗る』ことが上手になっていきます。

 

達成感と自信がつく

上述したように、子供の脳は未熟なので『枠内を塗る』という行為は初めは難しいのですが、たくさん繰り返すことで上手になっていきます。

上手に塗り絵ができるようになると、子供は『できた!!やった!』という達成感を得ます。

達成感を多く積み重ねることで、自信にもつながっていきます。

 

筆圧のコントロールの練習になる

長男が3歳ぐらいのときに、初めてクーピーや鉛筆で書いた絵や文字が驚くほど筆圧が弱くて驚いた経験があります。

「もっと強く書いてみよう!かけるかな?」

と言っても、すぐにはできず・・・しっかり書けるようになるので半年以上かかりました。

塗り絵ではある程度の筆圧が必要です。

ドレミ
ひらがななどを習得する前に、遊びの中で塗り絵を取り入れておくことで自然と筆圧をコントロールする効果が期待できます。

 

 

 

塗り絵のデメリット

ホンマでっかTVの番組内でも、尾木先生がおっしゃっていた塗り絵のデメリットについて深堀し対処法をご紹介します。

 

創造力を抑制する

塗り絵は誰かが描いた絵に色付けをする遊びです。

私個人としては、『枠内を塗る』というルール自体がなくてもいいと思っています。

我が家では、塗り絵に自分の絵を書き足したり、立体にしてみたり、色々な遊び方を取り入れるようにしています。

 

でも、幼稚園では「枠内を綺麗に塗る」ことで褒められるということもあり、なかなか難しい・・・・という気持ちです。

ドレミ
塗り絵のデメリット、ということではなく家の遊びの中では『何でもあり!楽しもう!』と、親が自由な発想をすることをおすすめします。

 

 

 

ストレス・自信喪失につながる

うちの5歳長男にもよくあるのですが、

『僕よりママの方が上手だね・・・』

となんだか自信をなくしてしまう時があります。

それは、塗り絵だったり、お絵描きだったり・・・色々な場面で『大人と比べて自分は上手くない!』という気持ちになるようです。

確かに、塗り絵の場合は一目で『枠から出ている』『色が丁寧に塗られている』がわかるため子供でも比較しやすいのかもしれません。そして自信をなくしてしまうことも・・・

ドレミ
もし自信をなくしてしまうような状況になっても、子供の塗り絵や作品の『どこが』『どんなふうに』良いのかをママやパパが話すことで、子供なりに自信を取り戻しもっと上手になりたい!に繋げていけます(^^)

 

 

我が家ではよく、

『どうやったらこんな風にかっこよく作れるの? ママにもやり方を教えて欲しいな♪』

という内容の声かけをしています。

ドレミ
子供を褒めるのではなく、対等な立場で接することで子供はイキイキと楽しく教えてくれます。

 

 

以上です。

塗り絵のデメリットは親の対応次第でメリットにもつながります。

子供の創造力・集中力は親や大人の対応次第でグンと伸びたり、伸びなかったり・・・・

 

実際に我が家でも半年ほど前にこんな出来事がありました。危うく私が長男の能力を抑えてしまうところでした・・・という出来事です。

当時4歳の長男は、『大人向けLEGOのスターウォーズのファルコン号』を自分一人で作りたいと言いだしました。夫が自分の趣味で買ったものなんですが・・・

 

でも、夫は喜んで『いいね〜!よし、一人でやってみよう!わからなければ俺が助けるよ〜』という感じで。

 

正直、私は4歳の子供が一人で作るなんて無理だと思っていました。複雑な工程もあるし・・・。

でも、長男はほとんど一人で完成させました。

もちろん時間はかなりかかりましたが、楽しくて仕方がないようで3時間ずっと集中しているときもありました。朝も一人で早起きして黙々と作っていました。

長男は、普段落ち着きがないことも多く集中力もある方ではないので別人のようでした。

 

子育ては、固定観念や先入観で決めてはいけない、やってみなければ分からない、そして親の対応次第で子供の能力が大きく変わることを実感した出来事でした。

 

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

【2019年】主婦が効率的に働ける年収を徹底調査! 

>>>【2019年】主婦が効率的に働ける年収を徹底調査!詳しくはこちらへ

『私が本当に使ってよかった』主婦に優しい派遣会社ランキング 

>>>『私が本当に使ってよかった』主婦に優しい派遣会社ランキング 詳しくはこちらへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ドレミ

1歳、5歳の男の子2人を子育て中のママです。 これまで会計・監査の業界で働いてきたため 子育てでの疑問や不明点も徹底的に調べて、実際に調べたことを取り入れてみて試行錯誤の日々を送っています。 また、現在まで派遣社員として8年間勤務してきました(現在2回目の育休中)。 実は、主婦にとってメリットが多い派遣。その魅力をお伝えできればと思い『仕事』というカテゴリーで派遣についての記事も書いています。 これらの情報が同じ現役ママのお役に立てればと思いブログを立ち上げました。 子育て・仕事・お金のこと・料理などを中心にご紹介していきたいと考えてます。