4歳児がたった30分で自転車に乗れるようになった3つのポイント!

暖かくなってきて、子どもの外遊びが増えてきましたね。

4歳の息子は、最近自転車に毎日乗って遊んでいます。乗れるようになり楽しくてしょうがないようです!でも初めは、補助輪なしの自転車は嫌だ!転ぶから練習やりたくない、と言っていました。

しかし、ある3つのことをやったところ、たった30分で自転車に乗れるようになったのです!

その3つのことをご紹介する前に大事なお話。
今からご紹介する「3つのこと」はある考え方をベースにしています。

それは、アドラー心理学。

子どもとの関係は対等と考え信頼関係を築いていきます。

わかりやすく例えるなら
親が子供に教えてあげる」という気持ちではなく
「大事な親友にとびっきりの良い方法を伝えたい!」という感じ。

これが成功のカギです!

それでは、「3つのポイント」をご紹介します。

 

 

 

 

①恐怖心を理解して共感!そのあと応援宣言!

 

自転車なんて、練習すれば乗れるから怖くても少し勇気が必要だ!

以前の私はそう考えていました。
しかし、本人にとって補助輪を外すのは想像以上に怖いんですよね。

 

その恐怖心を取り除くこう!や、勇気を持ってがんばろう!という前にまずは
「初めは怖いよね、みんなそうだよ。ママも昔やったとき怖かったよ」
と共感してあげましょう。

 

これが最初のステップで一番重要になります。

 

ママも怖かったんだ、自分だけじゃないんだ、と子どもの気持ちを落ち着かせます。

そのあと、すかさず
「ママはいっぱい練習したから乗れるようになったんだ。◯◯(名前)君が、やってみよう!と思ったら教えてね。ママは一緒に頑張るよ!」

こう話すと、少し時間が経ってから自ら練習したい、と言い出しました。
やった!チャンスだ!と心で喜びながら、いざ外へ!

 

 

②信頼関係を築く

 

実際に練習が始まると、思いのほか息子は怖がっていて、勇気を出して、

「僕やってみる!」

と言ったんだな、と思いました。
そう、やっぱり感覚をつかむまでは、とにかく怖いんですよね。

そこでまずは「手を離さない宣言」をします。

ママは◯◯(名前)が手を離していいよ、と言うまでは離さないよ!

と話しました。

そして、しっかり前ハンドルの中央を握り、支えた状態でしばらく走る練習をしました。

 

手を握りながらの声かけは主に2つ!

 

🔶「前を見よう!あの◯◯を見よう!」

はじめは足が気になり下を見てしまい、バランスがとれなくなります。
そうならないために、具体的に何を見るかを言います。

 

🔶「足をクルクル回そう!」

たくさんこぐことでバランスをとりやすくなります。

 

主にこの2つの声かけを明るい口調でしながら、
初めはかなり強く前ハンドルの中央を握り、支えた状態で一緒に走ります。

 

20分ぐらいひたすら繰り返して練習しているとだんだんバランスがとれるようになるんです。

今なら手を離しても少しできるかも、という感覚になります。

でも、待ってください!!!

もし、この状況で手を離してしまうと「手を離さない」という約束を破った上に、確実に転んで痛い思いをしてしまい、やる気をなくしてしまう可能性があります。

そうならないために、「ママは◯◯(名前)が手を離していいよ、と言うまでは離さないよ!」という約束を守ることが重要です!!

1ヶ月ほど前の、パパとの練習がまさにこれでした。

自転車がんばるぞ!と意気揚々と出かけて行ったのに15分ぐらいで帰って来たのです。

理由を聞くと、パパと約束したのにパパが手を離したから転んでしまった、と泣きべそをかきながら話していました。

子どもだからこそ、一度、信頼関係が崩れてしまうと、また子どもが自主的に練習したいと言い出すまで時間がかかるかもしません。

 

 

③ここ!という時に褒めまくる!

 

まだ、支えている手は離しませんよ。

ではどうするかというと、バランスがとれたほんの少しの時間だけ、1秒でもいいので手を浮かせてみるんです。

浮かせていれば、すぐに掴むことができ転ぶことはないし約束も守れます。
そして、手を浮かせることで子ども自身が「少しできた!」と感じることができます。

少しできた瞬間にすかさず、

今、一人でできたよ!すごいよ!嬉しいね!

と大袈裟に喜びます。

 

繰り返し練習すると、だんだん手を浮かしている時間が長くなり、子どもも自分の足で進んでいる感覚にワクワクし始めます!

すると、子どもの方から
「少しだけ手を離しても大丈夫!」
と言われ、みるみるうちに1メートル、3メートル、10メートルと進めるようになります。

もし、なかなか子どもの方から手を離していいよ、が出なければ、親から
「少しだけやってみる⁈」
と聞いてもいいと思います。

本人からオッケーが出るまでは焦らずに寄り添いましょう。

 

 

初めての子供用の普通自転車はどれがいい?

最後は、長男が乗っている自転車をご紹介します。
というのも、これまで友人との会話で

「その自転車いいね!マウンテンバイクみたいでしっかりした作りだね。見たことないわ。それどこのメーカー?」

と聞かれることが多いので、もし購入を検討中の方がいれば参考になればと思います。

🔶名称
d-bike(ディーバイク)

🔶特徴
・ペダルを外してバランスバイクとして練習が可能
・ペダルの着脱が工具なしで女性でも簡単にできる
・サドル最低地上高は約45cmで低く乗りやすい(身長95センチから対応)
・少し太めのBMXタイヤで乗り心地と操作性が高い
・スポーツバイクにも使用されている「Vブレーキ」搭載
・大人のマウンテンバイクを小さくしたようなかっこよさ

🔶会社情報
 改めて会社情報を確認したところ、アイデス株式会社さんは創業1930年の老舗の自転車屋さんでした。従業員46名で大きな会社ではありませんが、子供用の三輪車や自転車に特化した事業を展開しています。
また、あの自動車会社のホンダさんとのコラボレーション商品もあるほど。

🔶サイズ
14〜22インチまで幅広く展開しています。
うちは3歳半の時に16インチを購入しました。長男は体が大きい方なので18インチと迷いましたが、自転車屋さんのおすすめで今の体格に合っている16インチにしました。
通常、4歳前後の子どもであれば16インチが安定して乗りやすいとも言われました。

※自転車屋さん曰く、無理して18インチにしたとしてもそんなに長くは乗れないとのこと。いづれにしても小学生低学年でまた買い替えのタイミングとなるようです。

🔶どこで買える?
うちではスーパー大手のイオンさんの自転車屋さんでたまたま取り扱っており購入しましたが、実店舗では購入が難しい場合もあるかもしれません。

ネットでの取り扱いはあるようなのでこちらにリンクを載せておきます。

 

 

以上が、4歳児がたった30分で自転車に乗れるようになった3つのポイントです。

 

どれも難しいことはありません。
3つのポイントの共通点は、相手=子どもの目線に立ってみること。

あとは、気長に考えること!

子育てではついつい周りと比べて、何でうちの子はできないんだろう?大丈夫かな?
と心配になることも。私もそうです。
でも、大丈夫です!(自分にも言っています)

みんな同じです。

そんな時に、こちらの情報が少しでもお役に立てれば幸いです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ドレミ

0歳、4歳の男の子2人を子育て中のママです。 これまで会計・監査の業界で働いてきたため(現在育休中) 子育てでの疑問や不明点も徹底的に調べることが好きで、実際に調べたことを取り入れてみて試行錯誤の日々を送っています。 この情報が同じ現役ママのお役に立てればと思いブログを立ち上げました。 自分の経験談も交えながら、子育て・お金のこと・料理などについてご紹介していきたいと考えてます。