主婦のお仕事探しはハローワークより派遣会社が断然おすすめ!3つの理由とは?

「子供も幼稚園に慣れてきたし、そろそろパートでも始めたいな〜と思ってさ。」

 

「ハローワークに行ってきたけど、ものすごく混んでたよ… 行っただけで疲れた…」

 

「求人検索したら数件しかヒットしなかったよ。やっぱり10時開始のパートはないみたい。でも幼稚園の送迎考えたら9時開始は厳しい…」

 

「募集中ってなっているのに相談員がオッケーくれずに応募すらできなかった。
仮に、応募できてもハローワークのパート勤務は倍率がすごいから採用は厳しいと◯◯君のママが話してたよね。」

 

 

先日、電車の中で聞いた主婦たちの会話です。

ちょうど私と同世代くらいの主婦3人が『仕事したい!けど見つからない』という話をしていたので思わず耳をダンボにして聞いてしまいました。

やっぱり地元でお仕事探しというと、ハローワークなんですよね。今も昔も。

でも、もっと良いお仕事探しがあるのに… 

あの主婦三人衆に教えてあげたい!!!

 

主婦がお仕事するなら派遣が断然おすすめだよ!って。

 

そこで今回はハローワークの概要、メリット、デメリットをご紹介した後に派遣をおすすめする理由を3つご紹介します。

 

この記事はこんな人におすすめです!

🔶ハローワークでの職探し方法、メリット、デメリットを知りたい人
🔶子育て主婦に派遣がおすすめの理由を知りたい人
🔶いつか働きたい、と考えているけど何から始めたらいいか分からない人

 

 
 
💡あわせて読みたい記事 

 

☆私ドレミのおすすめ大手派遣会社『マンパワー』をみてみる!↓
マンパワー公式サイトへ

 

 

ハローワークってどんなところ?

ハローワーク(公共職業安定所の愛称)は国の機関で全国各地に550カ所以上あります。

主に、仕事の紹介、技術・資格などを身に付けるためのサポート、失業手当についての手続きなどを無料で行っています。

民間の職業紹介事業等では就職へ結びつけることが難しい就職困難者を中心に支援する最後のセーフティネットとしての役割を担っています。また、地域の総合的雇用サービス機関として、職業紹介、雇用保険、雇用対策などの業務を一体的に実施しています。

※厚生労働省より引用

 

 

ハロ−ワークでお仕事探しから応募までの流れとは?

ハローワークでは、どのように仕事を探して応募することができるのでしょうか?

手順をご紹介した後に、メリットとデメリットをご説明します。

 

ステップ1【仕事探し編】どうやって仕事を探す?手順は?


1.受付へ行く

『受付で求職中で初めて来た旨を伝えて手順を聞く』

ハローワークには仕事探しの人だけでなく、失業保険などの雇用保険に関する人も手続きで来ています。そのため、初回は受付で「求職中」と話した上で「おおまかな流れ」を聞きます。

 

2.求職者としての登録
『職安求職申込書に必要事項を記入する』

氏名や連絡先、職歴、資格、希望の職種、勤務地、給与、勤務形態、勤務条件などを細かく記載していきます。この情報を元に、後ほど相談員と求人内容のマッチングを行います。できるだけ具体的にわかりやすく記載します。

 

3.パソコンで求人検索
『番号札を受取、順番が来たらパソコンで条件を入れて検索』

タッチパネル又はマウス操作で求人検索を行います。パソコンが苦手な人でも大丈夫。係りの人がいることが多いので、操作で迷ったら聞いてみましょう。

希望の求人があれば印刷して相談員に相談します。

 
ドレミ
ハローワークにもよりますが、混雑時は一人30分の利用と制限されることもあります。(いつもだいたい混雑しています…)

 

 

 

4.相談員に相談(1対1)

相談で大事なポイントを4つご説明します。

◾️自分の職務経歴・各種項目と求人内容が一致しているかのヒアリング
職安求職申込書に書いた自分の職務履歴や希望と、求人内容が一致しているか確認してもらいます。少しでも相違があれば質問を受けたり、相談員の判断で応募優先度が下がる場合もあります。(採用の可能性を鑑みて)

◾️会社の評判など求人票には記載されない情報を聞き出す
相談員によっては、求人票には記載されていない会社の雰囲気や実際に過去に採用された人の話などを聞くことができます。

◾️募集中でも採用者が決まっている場合もあるため確認する
これも案外多いこと。
「これ良さそう!」と思った求人にはあなただけでなく他の求職者も集中します。なので、いわば早い者勝ちという状態。ハローワークに来れる頻度が高い人ほど、早く良い求人に巡り会える可能性がどうしても高まってしまいます。

 

ドレミ
子育てママが頻繁に足を運ぶのはとても大変です…

 

◾️相談員が、当人の採用の見込みがあるかどうか決める
相談員は、現在までに何人が希望して何人が不採用になっているかを把握しているため、例え募集中であっても相談員の判断で「採用の見込みなし」と判断されてしまうケースが実は多い。

 

 

 

 

ステップ2【求人へ応募編】いざ、応募!結果は?

1.応募、書類選考

相談員のGOサインがもらえて&希望条件などが一致し、いざ応募へ!

ハローワークを通して必要書類を送ります。そして書類選考という流れになります。以前は、書類選考がない場合もありましたが、現在は応募者が多数いるケースが多いため書類選考を行う場合が多いです。

書類選考の採用結果は約1週間後で、応募した会社から直接本人に来る場合とハローワークから来る場合の2通りあります。

 
ドレミ
書類選考で不採用になるケースが多いのも事実です… 1週間も待ったのに…。特に主婦のパート勤務は激戦です…

 

 

 

2.面接

直接、応募した会社に出向き面接を受けます。結果は会社にもよりますが、数日〜1週間ぐらいが多いです。
同時期に複数人の面接を行っていることが多いので、他の応募者の面接日程によっては10日間近く待たされる場合もあります。

ということは、面接後に1週間から10日間はほとんど求職活動はできないということになります… 

ドレミ
落ちたらまたゼロからやりなおし… 行列に並ぶ日々です。

 
 
👉この章のまとめ 
・ハローワークに出向き求人検索、相談員への相談という流れ(全て無料 ※民間も同様)
・トータル1時間の待ち時間は当たり前
・相談員一人の裁量で応募の可否が決まる
・有効な求人は実は少ない場合もある
・応募してまずは書類選考で1週間結果待ち
・なんとか面接まで行っても他の応募者の面談日程もあり結果に10日前後要することも
 

 

 

 

ハローワークのメリット、デメリットとは?

ここまでの話を前提にメリット、デメリットをご説明します。主婦がハローワークを利用する場合の「心の声」も記載しますね。

 

ハローワークのメリット

◾️無料で求人検索、相談、応募ができる
全て無料でできる、という点がメリットです。(それは民間の求人サイトでも同様です。)
また、ハローワークでは『基本的に自分で仕事を検索して自分で探す』です。相談はその前提で進められます。

『全て無料はありがたいしネットで求人検索はできても、基本的にハローワークに行かないとお仕事探しができない…。 電話相談できたらいいのに…できないのか。時間がない主婦や子育てママには厳しいわ…』

 

 

◾️地元の求人が多数
求人を無料で掲載できるため、地元のお仕事の求人数が多くなります。

『通勤時間は短い方がいいから、地元でのお仕事が多いのは嬉しい。でも求人システムが使い辛いくてなかなかうまくヒットしない…少し条件変えただけで求人ヒット数が50件から2件になったこともあるよ』

 

◾️公的職業訓練を受けられる
希望する仕事に就くための技術や資格を身に付けられるための公的職業訓練があります。分野は、事務、IT関連、建築、介護、デザインなど幅広く、基本的に無料で受講できます。
人気のものは抽選になることも多いです。

『職業訓練はすごい人気だよね、友達のお姉ちゃんが3ヶ月待ってやっと受講できたらしいよ… そんなに待つこともあるんだ…』

 

ハローワークのデメリット

◾️待ち時間が長い…合計1〜2時間待つことも…
ハローーワークでのお仕事探しのスタートはパソコンでの求人検索をすることです!

でも、すぐに求人検索できるわけではないです。30分ほど待つことは普通です。混雑時は30分の利用制限がありますが、そうなると皆さん30分はきっちり利用されるので私自身も長くて1時間ほど待ったこともあります。

 
ドレミ
やっと、求人検索して求人票を印刷して「いざ!相談員に相談!」と思ったらまたしても行列…。

 

しかも、相談員との相談は時間無制限です!
お年寄りや外国の方もいますし、今すぐにも就職を決めたいスーツ姿のサラリーマンもいます。早く仕事を見つけたい一心で来ていますから、どうしても時間が長くなってしまいがちです。

相談員との相談は、パソコンでの求人検索のように「1人30分まで!」という時間制限がないから「一体いつになったら自分の番になるのか」も全く読めません。

 

 
◾️そもそも、求人検索システムが使いづらい
タッチパネルやマウス操作などで「操作」自体を使いやすくしているものの、肝心の求人検索システムが使いづらいんです。

 
 
ドレミ
就業場所を選ぶだけでも一苦労。
サクッと駅や地域を指定できません…しかも表記を間違えると全くヒットしない…
 
 
逆に労働条件などは細かすぎて要領を得ないでやるとこれまた数件しかヒットしないことも。もちろん、条件を緩めてしまうとたくさんヒットしますが、見ながら絞り込むのは大変です。
 
 
 
 
◾️相談員のスキルの幅が大きい
相談の一番始めの段階で、優秀な相談員さんだと求職者の希望条件を再度洗い出しながらしっかりヒアリングしてくれます。求職者が持ってきた求人票についての話だけでなく、相談員さんがその場で検索して良い求人を探してくれることもあります。

私は今まで2回の転職でハローワークを利用しましたが(応募自体なし)、相談ブースで隣の方がスーパー相談員さんだったんです。私の相談員さんは積極的に調べてくれる感じでは全くなかったので「お隣さんいいな〜」と思いながら見ていました。

つまり、当たり外れがどうしても免れない…

民間の場合は「お金を出して求人広告・斡旋を依頼する企業」が顧客なので、部署単位で少なくとも2人以上の人間が斡旋に関わるのが普通です。

 
ドレミ
でも、ハローワークの場合は、1人の相談員の裁量・判断だけで応募できるかどうかが決定されてしまう側面があります

 

 

◾️求人の良し悪しを「自分で見極める必要がある」
ハローワークと言えば、広告費が0円です。求人を出す会社の金銭的な負担がありません。
民間の求人サイトでは少なくとも数十万以上の掲載費用が発生します。その点でハローワークはどんな会社にとっても求人を出しやすいという一面があります。

そのため、いわゆるブラック企業が求人を出していることもあります。労働基準法に引っかかるような内容は求人票にはのせられないため、実際の面接などで見極める必要があるのですが難しいですよね。

また、会社がハローワークで応募した人を雇用したことでお金をもらえる助成金制度の利用を目的としていたり、金融機関からの融資のために求人を出していることもあります。

 
ドレミ
もちろん優良な地元の企業さんもたくさん求人を出していますが、それらを見極めるのが「自分ひとり」であることが一番大変なことです。
 

 

◾️赤ちゃんや子供連れでは気がひける…
ハローワーク内にはマザーズコーナーが併設されていますが、別室ではないため赤ちゃんが泣いたり子供がグズリ出したら気が引けますよね。

それでなくても男性の利用者や高齢の方で混雑しているハローワークで子連れというだけでとても目立ってしまいます。

 
ドレミ
また、待ち時間も長くなることが多いため『散々待たされたけど子供がグズリ出して何もできずに帰る』なんてことにも… ストレスが溜まる一方です…

 

子育て中のママ向けのハローワーク「マザーズハローワーク」という施設にはキッズコーナーが設置されています。そちらの方が断然利用しやすいのです。全国に178所。

と言っても、政令指定都市がある都道府県でも10〜15所程度。その他は一つの県に数カ所しかないのが現状です。お近くにあればラッキーですが、ほとんどの方が子供連れで定期的に通える距離ではないです。

 

 
 
👉この章のまとめ 
◾️ハローワークのメリット
・無料で求人検索、相談、応募ができる
・地元の求人が多数
・公的職業訓練を受けられる

◾️ハローワークのデメリット
・待ち時間が長い…合計1〜2時間待つことも…
・相談員のスキルの幅が大きい
・求人の良し悪しを「自分で見極める必要がある」
・赤ちゃんや子供連れでは気がひける…

 
 

 

 

 

派遣会社って何?仕事探しの穴場!

派遣会社は民間の会社です。

派遣の働き方の特徴は、正社員やパートなどの直接雇用と違い、派遣スタッフの雇用主は派遣会社という点です。実際に勤務する会社が派遣会社と『対会社としての契約』をしています。

そのため派遣会社が仕事の紹介や業務内容や就業条件について派遣先企業と交渉をしたりするなど、派遣スタッフをサポートします。

ドレミ
派遣スタッフが勤務する会社に直接要望を伝えて交渉することはありません。

 

派遣には「登録型派遣」「紹介予定派遣」「常用型派遣」の3種類があります。

🔶登録型派遣は一般的には3ヶ月更新の場合が多いのですが、長期で働けることもあります。

🔶紹介予定派遣は最初の3〜6ヶ月は派遣スタッフとして働き、その後企業側と派遣スタッフの合意で正式に正社員や契約社員として直接雇用を結ぶ形態です。

🔶常用型派遣は派遣会社の正社員又は契約社員として派遣先でお仕事をします。そのため安定した雇用形態といえます。

 

☆私ドレミのおすすめ大手派遣会社『マンパワー』をみてみる!↓
マンパワー公式サイトへ

 

働きたい主婦にハローワークより派遣会社をおすすめする3つの理由とは?

お仕事探しから採用決定までの期間が短い

結論から言うと、派遣会社のネット登録から採用決定まで10日間なんてこともあり得ます(30代前半:私の場合)。

10日間といったら、ハローワークなら行列に並んで相談員と相談しているか、良くても書類選考の段階くらいです。しかも7日間結果を待って不通過ならまた求人検索からやり直し…

 
 
ドレミ
当時の私はすぐに働きたかったので、派遣会社の手厚いやりとり&無駄のないスピーディーな動きがありがたかったです。

 

(どうしてもこの会社がいい!と思える求人だったので多少強引な動きをしました…。いろいろあってツライ時期だったので運も味方してくれたのかも)

加えて

『家にいながらネットで基本情報・就業条件を登録でき、さらに電話で専門のコーディネーターと相談して求人を確認できる』ということが効率性をうみ、採用決定までの期間を短くします。

 
ドレミ
電話やメールでの相談・対応は子育てママが求めていることの1つです。

 

無論、ハローワークではそのようなサービスはありません。

 

今すぐ働きたいわけではなく数ヶ月後、半年後に就業希望であってもオッケーなのが派遣会社のメリットです。
登録後は、パソコンや英語など多数あるスキルアップ講座やセミナーなどを全て無料で受けることも可能です。しかもネットで学べる講座も多数あるので育児や家事の隙間時間にも活用できます!
 
 
 
 

有効な求人が多いから仕事が見つかりやすい

派遣先の会社は派遣会社と契約してお金を払って、自社で働く派遣スタッフを探してもらいます。採用が決定すれば、その後も派遣会社にお金が支払われ続けます。

ハローワークのように求人から採用に至るまで、企業側が全て無料ではありません。そのため、ブラック企業が求人を出す可能性が格段に低くなります。

有効な求人が多いことで、よりお仕事がみつかりやすくなります!

ハローワークや地元の求人誌では主婦が働けるような求人がなくて、なんとなく派遣に登録してみたら人気の事務職などのデスクワーク系の求人数の多さにびっくりする人が多いのも事実。

 
ドレミ
派遣は専門職も多数ありますが、実際に事務職系で働いている主婦の方もかなり多いです!

 

 

コーディネーターさんの独断で応募や採用が左右されない

派遣に登録した後は、派遣会社のコーディネーターさんが丁寧な電話やメールで確認をとりながらこちらが対応しやすい時間・方法で就業条件の確認をしたり、最新の求人情報を提供してくれます。

ただ、免れないのが相談員(コーディネーター)のレベル。

派遣会社であっても、ハローワークであっても、相談員(コーディネーター)が優秀な場合もあればそうでない場合もあります。これは運としか言いようがないかもしれません…

ドレミ
でも、派遣会社の相談員であるコーディネーターさんは一人で動いているわけではなく、部署・課ごとにチームで動いています。

なので、コーディネーターさんが独断で全て動いているわけではなく複数の人の意見や判断があるので安心です。

ハローワークだと、基本的に相談員さん一人の判断で全ての話が進んでいくのでゴネても『応募すらできない』こともあります。

私自身、派遣会社の求人でどうしても応募したいものがあり担当のコーディネーターさんをけっこう困らせましたが、上司(チームリーダーさん)が対応してくれて話を進めてくれたおかげで今の職場に採用された経緯があります。

ちょっとぐらい強引でも「やる気満々」ぐらいが派遣会社には意外と好かれるかも!?
 
 
👉この章のまとめ 

◾️お仕事探しから採用決定までの期間が短い
家にいながらネットで求人探し、専属のコーディネーターさんに電話相談ができるから効率的。

◾️有効な求人が多いから仕事が見つかりやすい
企業側が少なくとも数十万円以上の費用を払っているので、無料のハローワークよりも有効な求人が多い。ブラック企業も少ない。

◾️コーディネーターさんの独断で応募や採用が左右されない
民間の派遣会社は部署(チーム)単位で対応しているから、もしコーディネーターさんと意見の相違があってもその上司などに相談することも可能(私の経験より)

 

☆私ドレミのおすすめ大手派遣会社『マンパワー』をみてみる!↓
マンパワー公式サイトへ

 

 

おすすめの派遣会社はどこ?

おすすめは派遣会社の老舗!創業50年で日本初の派遣会社でもある「マンパワー」

 
ドレミ
大手企業から有名大学の事務職まで幅広い内容です。また未経験の求人も多数あるのが強み。主婦にもありがたいですよね。
専業主婦マミさん
昨日、WEB登録したよ!1分程ですぐ完了できたから、さっそく求人を検索してみたよ。
専業主婦マミさん
そういえば、マンパワーさんはスキルアップ講座の種類が豊富なだね!パソコン関連や英会話、FPの資格講座もあったよ!
 
ドレミ
それだけじゃないよ!
来社して正式登録すれば専門の担当者が一人一人の希望や職種に合わせて、数あるプログラムの中からマンパワーグループオリジナル研修プログラムを提供してくれるよ!
ここまでのスキルアップ体制は他社ではなかなかみられないね!
ドレミ
WEB登録だけでも福利厚生が使えるので旅行やビューティー系のお得なサービスを受けれるのも嬉しいね。
 
 
💡あわせて読みたい記事 

 

☆私ドレミのおすすめ大手派遣会社『マンパワー』をみてみる!↓
マンパワー公式サイトへ

 

こちら↓からでも公式サイトをみることができます。ぜひ、一度のぞいてみてくださいね♪

 

 

 

 

 

理系ママさんにはこちらがおすすめ!

「パーソルテクノロジースタッフ」

転職・人材領域で日本トップクラスの実績を誇る「パーソルグループ」が提供する、エンジニア専門の派遣・転職サービスです。求人の3割以上が年商100億円の大手企業です。

ITエンジニア、Webクリエイター、ものづくり(機電)エンジニアなどの分野に特化しており、高時給でハイレベルな求人に強く、顧客満足度も高いサービスで支持を受けています。

 
ドレミ
会社の方針として子育て主婦をサポートする体制を整えられているため、女性からの評判が良いですよ
 
 
また、コーディネーターへの満足度98%なのも信頼の証ですね。
 
 
ドレミ
さらに、未経験者の求人もあります!
例えば、生産管理、工程管理などの事務的な管理業務などです。ITに興味がある方や新しいことに挑戦してみたい方にもおすすめです!
 
 
 
こちらも簡単なWEB登録です。↓↓
パーソルテクノロジースタッフ(旧 インテリジェンスの派遣)

 

 

 

以上、「主婦のお仕事探しはハローワークより派遣会社が断然おすすめ!3つの理由とは?」をご紹介しました。

簡単な仕事探しなんてなかなかありませんが、主婦だからこそ限られた時間・お金を有効に使いたいですよね。

まずはネットから簡単登録だけして求人情報をチラ見してみてるのもいいかもしれません。

いつか働きたいと考えている方もパソコンや英会話などの無料のスキルアップ講座を受けてみるのもアリです!

☆私ドレミのおすすめ大手派遣会社『マンパワー』をみてみる!↓
マンパワー公式サイトへ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ドレミ

1歳、5歳の男の子2人を子育て中のママです。 これまで会計・監査の業界で働いてきたため 子育てでの疑問や不明点も徹底的に調べて、実際に調べたことを取り入れてみて試行錯誤の日々を送っています。 また、現在まで派遣社員として8年間勤務してきました(現在2回目の育休中)。 実は、主婦にとってメリットが多い派遣!その魅力をお伝えできればと思い『派遣で働く』というカテゴリーで派遣についての記事も書いています。 これらの情報が同じ現役ママのお役に立てればと思いブログを立ち上げました。 子育て・働くこと・お金のこと・料理などを中心にご紹介していきたいと考えてます。